「カタール航空」は毎日最大300kgの「余剰食料」を寄付することを発表!

1月20日、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、2008年設立のカタール初のフードバンク「Hifz Al Naema」と協力し、余剰食料再配分する計画を発表した。

このパートナーシップにより、果物シリアルソフトドリンクヨーグルトチョコレートなど、毎日200〜300kgの未提供の食事や未開封の食料品が、それらを必要とする地元コミュニティ寄付されることとなる。

フードロス削減への取り組みの好事例である。

Top image: © iStock.com/DeSid
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事