余剰食料

1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
釣りエサのオキアミは、オメガ3系脂肪酸やアスタキサンチンが含まれることで抗酸化作用があり、アンチエイジングや疲労回復、眼精疲労の改善にも役立つという。文京...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
この画像は、ベリーとベリーの細胞を培養したものだ。作物を育てるのではなく、植物の細胞を育てて食べものをつくる。そんなアイデアが注目されている。フィンランド...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。