フードロス解決の鍵!「廃棄商品専門スーパー」の新しい仕組みに注目

国際連合食糧農業機関「FAO」によると、世界中で毎年13億トンもの食品が廃棄されているらしい。その量はなんと、食料全体の3分の1......。

そんな「フードロス問題」の解決を目指してドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。

このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”“賞味期限の切れた食品”。スーパーやレストランから無料で引き取り、最大で80%の値引きをして販売しているという。

消費者からは、新鮮さには少々欠けるものの十分に食べられる野菜や、メーカーが早めに設定した賞味期限を少し過ぎただけのお菓子などを格安で買うことができると大評判。店内にはフードロスについて学べるスペースも設置されており、問題解決に意欲的なスタッフの存在もあってポジティブな雰囲気。

また、スーパーやレストランにとっても、ゴミを処理する手間や費用を削減できることから好評とのこと。

この新しいビジネススタイルは人気を博し、2019年には、なんと2000トンものフードロスを削減。現在、創業3年目にしてベルリン市内に4店舗を構えており、今後も拡大していく予定だという。

消費者にとって嬉しいだけでなく、問題の啓蒙にも繋がる新しいこの仕組みが、世界に広がっていくことを期待したい。

Top image: © iStock.com/Bogdan Kurylo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
食品ロスをゼロにつながる、オランダ発の次世代型真空パック機「Vacuvita 」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクト実施中。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ナイジェリアに住むティーンエイジャー3人で構成された「Ikorodu Bois」というコメディプロジェクト。ミュージックビデオや映画のトレーラーをさまざま...
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
小さな傷や少々整っていない形状から商品化されないフルーツをパウチしたナチュラルフローズンスムージー「PONO」が話題。手軽においしく社会貢献。
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...