ふやけないし、こびりつかない。機能的でエコフレンドリーな「紙製」の使い捨てお弁当容器

「この食器、環境に優しいけど使いにくいなあ……」

海洋プラスチック問題などで、世界的にプラスチック削減の機運が高まるのと同時に需要が拡大している「ワンウェイ紙製食品容器(パルプモールド容器)」を使いながら、そんなふうに思った経験のある読者も少なくないのでは?

その通り、従来のパルプモールド容器は「食材の水分で容器がふやける」「ごはんやパスタがこびりついて食べづらい」「容器外側にソースなど液体が染み出る」といった課題を抱えていたのだ。

ところが先日「株式会社ヨネヤマ」が発売した簡易食品容器「BPMシリーズ」は、容器内側に植物由来ポリ乳酸(PLA)樹脂フィルムを貼ることで、これらの課題を克服。水分に強いどころか、米のネバネバにも強いとはすごい。

ちなみにPLAは、コンポスト、または土中などの水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。

また、パルプの原料には竹(孟宗竹)を使用。2年ほどで成竹する孟宗竹は成長過程で大量にCO2吸収することや、森林伐採につながらないことからエコな素材として注目され、近年ではコンビニエンスストアなどで使われる割りばしの素材としても普及している。

「BPMシリーズ」は、スーパーマーケットやデパ地下の弁当惣菜などのほか、今後はイベント宅配弁当フードトラック(キッチンカー)などの分野への普及にも力を入れていくとのこと。

地球に優しいだけでなく、自分たちにも優しい(使いやすい、取り入れやすい)というのは、こうしたエシカルサステイナブルな意識や行動を「継続していく」ためには、結構大事なのことなのかも。

©2020 株式会社ヨネヤマ

BPM

【公式通販サイト】https://www.packplus.jp/ 

Top image: © 2020 株式会社ヨネヤマ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
温め、冷蔵、冷凍、湯沸かし、スムージー、超多機能弁当箱「Neoven」。
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
タブレット端末のようなこのアイテム。じつは世界最薄の弁当箱。プラスチックフリー社会実現のために開発された「MolaBox」です。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...