ふやけないし、こびりつかない。機能的でエコフレンドリーな「紙製」の使い捨てお弁当容器

「この食器、環境に優しいけど使いにくいなあ……」

海洋プラスチック問題などで、世界的にプラスチック削減の機運が高まるのと同時に需要が拡大している「ワンウェイ紙製食品容器(パルプモールド容器)」を使いながら、そんなふうに思った経験のある読者も少なくないのでは?

その通り、従来のパルプモールド容器は「食材の水分で容器がふやける」「ごはんやパスタがこびりついて食べづらい」「容器外側にソースなど液体が染み出る」といった課題を抱えていたのだ。

ところが先日「株式会社ヨネヤマ」が発売した簡易食品容器「BPMシリーズ」は、容器内側に植物由来ポリ乳酸(PLA)樹脂フィルムを貼ることで、これらの課題を克服。水分に強いどころか、米のネバネバにも強いとはすごい。

ちなみにPLAは、コンポスト、または土中などの水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。

また、パルプの原料には竹(孟宗竹)を使用。2年ほどで成竹する孟宗竹は成長過程で大量にCO2吸収することや、森林伐採につながらないことからエコな素材として注目され、近年ではコンビニエンスストアなどで使われる割りばしの素材としても普及している。

「BPMシリーズ」は、スーパーマーケットやデパ地下の弁当惣菜などのほか、今後はイベント宅配弁当フードトラック(キッチンカー)などの分野への普及にも力を入れていくとのこと。

地球に優しいだけでなく、自分たちにも優しい(使いやすい、取り入れやすい)というのは、こうしたエシカルサステイナブルな意識や行動を「継続していく」ためには、結構大事なのことなのかも。

©2020 株式会社ヨネヤマ

BPM

【公式通販サイト】https://www.packplus.jp/ 

Top image: © 2020 株式会社ヨネヤマ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
軽くて丈夫な「アルミ製」のお弁当箱について、メリットやおすすめの商品をご紹介。外食費を抑え節約になり、栄養やカロリーをコントロールできるからダイエットにも...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...