100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」

炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付け取り分けたい。そんな要望を叶えてくれる紙の器がありました。もちろん、使い捨て。だけど、圧倒的に美しい!

料理を際立たせる
土に還る紙の器

お皿を変えただけで、料理が美味しく見えることがありますよね。料理の個性を出すのにも、作る人の世界観を表現するのにもお皿は大事。アウトドアやパーティーシーンでだってその考えは同じはず。

たった一度の使い捨て紙皿であっても、おもてなしの心をきちんと伝えたい。その気持ちに応えるのが、“和の皿”という商品コンセプトを、そのままブランド名に配した「WASARA」です。使ったあとは、100%土に還る。これもまた素敵!

捨てるものだからこそ、
ムダを生まない。

WASARAの素材は、非木材パルプ。竹とさとうきびの搾りかす(バガス)が使われています。生命力が強く成長の速さに秀でた竹。砂糖の原液を絞ったあとのバガスの年間排出量は、世界で約1億トン近いそう。自然環境に負担をかけず、今ある資源を有効活用する。エシカルなものづくりの原点が、使い捨ての紙皿に込められている。このパラドックスがWASARAの本質であり、面白みなのかもしれませんね。

竹とバガスのパルプを漉いて、圧力をかけ、ノリや接着剤を使用せずに作り上げる製法をパルプモールドと呼ぶそうです。この工業製造技術に、温かみのある美しい湾曲や波紋をつけることで、手漉き和紙のようなWASARA独特の風合いが完成。従来の紙コップのように丸められたフチもなく、ゆるやかな断面はまさに陶器のよう。

軽くて丈夫、そのうえ従来の紙の器にはない、豊富なバリエーションもWASARAの魅力。カクテルパーティーでも、アウトドアシーンでも活躍すること間違いなし。

平皿、お椀など、さまざまな料理に合わせて使える4種類(各6枚入り)に竹製のカトラリーがセットになった「パーティーセット」が3,285円(税込)。その他バラエティ豊富な紙食器を取り扱うオンラインショップは、こちらから。

100%土に還る!
環境にやさしい使い捨て

ちなみに、こちらは竹製のカトラリー。もちろん土に還ります。柄の部分にある切り込み。ここをお皿に刺すことで器に固定することができる優れもの。

もうひとつのこだわり。それが、100%土に還る生分解性。竹もバガスも有毒な残骸物を出さずに、やがては土に還ります。人々の集い場で、使い捨てのために作られた紙の器も、最後は自然界へと循環していきます。流麗なデザインだけでなく、WARASAのエシカルなものづくりに共感する人が多いのも分かりますね。

Licensed material used with permission by WASARA Co.,Ltd.
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
食器って、硬いものだと思っていた。