シンプルな紙で包んだ贈りものって、グッときます。

プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。

そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレンジはどうでしょう?

「KNOOP(クノープ)」は、ペーパーバッグやラッピンググッズを中心に、ユニセックスなアイテムが選べるお店。クラフト紙を基調に、留め具やストラップ、スタンプの書体などがデザインされています。

上の画像はほんの一部。種類が豊富な上に、スタンプなどがセミオーダーできるので、使いみちや組み合わせを考えるのも楽しいですよ。以下、商品をいくつか。

左は、架空のカフェ「CAFE REPUBLIC」をモチーフにしているワイヤーバッグ。両端を留め具で挟むタイプで、マチにロゴ入りのタグ付き。白地で高級感アリ。

右のバッグは、クラフト紙そのものの色。男女どちらにも人気です。

小物入れは、厚みが出て膨らむとシワができて味がでる割りピン留めのミニバッグや、麻ひもで結ぶ何度も使えるテトラバッグ。

小さなお菓子ひとつでも、コレに入っているだけで嬉しいですよね。

色の濃いバッグと相性が◎のメッセージタグや、ステッカーやスタンプでオリジナリティを追加するのもアリ。

手づくりアイテムにくっつけたいハンドメイド印のステッカー。タグをつけると、製品ぽさがUP!

セミオーダーでは、吹き出しとメッセージの雰囲気が合わせられます。書体は4種類。アドレススタンプのほか、割れもの注意のスタンプなど出来合いのものもいくつか。ペタッと押すだけで注意書きまでカジュアルに表現できます。

ある程度型が決まっているので、簡単にアレンジできて、個性も出そう。腕のみせどころですね!そのほか、レターセットなどの印刷物も取扱あり。オンラインショップのほか、取り扱い店舗はコチラから。

包みに迷った時にシンプルな紙を選んでみると、かえってしっくりまとまる時があるはず。試してみて!

Licensed material used with permission by KNOOP
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...