お絵かきしたキャラがぬいぐるみに!愛する子どもへ「魔法のような贈り物」はいかが?

可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげたいと思うときもあるはず。

それなら、こんなサービスはどうでしょう!?

あなたの「魔法」に、
子どもたちは大はしゃぎ♡

この「Imaginables」は、イラストをもとに可愛い「ぬいぐるみ」を作ってくれるサービス。あくまでも自分の空想でしかなかったキャラクターが現実のものになるとあって、子どもたちは大はしゃぎ!

オーダー方法はいたってシンプル。かんたん3ステップです。

①絵の写真を撮影

②HPに画像をアップロード、もしくはe-mailに添付して送付

③キャラクターの特徴や色などの希望を伝える

注文してから実物ができあがるまでは約4週間。オンラインでオーダーすれば価格は89ドル(約9,500円)とのこと。

ぜひ、お子さんへのサプライズプレゼントにどうでしょう?自分のお絵かきが、実際にぬいぐるみになって目の前に現れたら、驚きと同時にすごく喜んでくれそう♪ しかも、これを機に子どもたちの創造性はますます掻き立てられるはず!

Licensed material used with permission by Crayola
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...