パパママ必見。ぬいぐるみが喋り出す魔法のボタン「Pechat」

「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、期限まで2ヶ月以上を残しながら、目標金額の倍以上の調達に成功しているんですから。 

子どもとぬいぐるみとが、
もっと仲良くなるアイテム

この「Pechat」は、ぬいぐるみに付けるボタン型スピーカー。専用のスマホアプリを通して、まるでぬいぐるみが実際に喋っているかのような体験をさせてあげることができるのです。

喋らせ方は簡単。テキストボックスに文字を入力し、表示される候補から選ぶだけ。登録されていないセリフでも、入力した文字を可愛く読み上げてくれます♪

声を吹き込み、代わりにお喋りしてもらうことも可能。こんな質問に対しても、ぬいぐるみから聞かれたら本音を話してくれるのでは?

 おまかせモードで、
「自動お喋り」も

声に反応して自動でお喋りする「おまかせモード」なら、アプリ操作をしなくても、ぬいぐるみが子どもの遊び相手に。ランダムでリアクションする「あいづちモード」と、子どもが発した言葉を繰り返す「おうむ返しモード」が楽しめます。

急がしくてどうしても子どもの相手をしてあげられない…なんてときに重宝するはず。

現時点の価格は3,990円(税込)。はじめに説明した通り「Makuake」で購入が可能です。ぬいぐるみを通してお喋りすれば、子どもの新たな一面を発見できるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Makuake
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
tempra cycleオーナー小林健太さんの育児グッズ。ストリート世代パパ特有の遊びゴコロを感じます!
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フFacebookの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!Face...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
1990年代のスケートシーンを牽引したアレキサンダー・リー・チャンさん。抱っこ紐を着けたままでもスタイルがバッチリ決まるオススメのコートを紹介してくれました。