このオモチャは、絶対に子どもには渡さない。

モーターやセンサーなどの小さなモジュール(部品)をカチカチと組み合わせて、手軽にたのしく電気回路の作り方を学ぶことができる「littleBits(リトルビッツ)」。プロダクトとしての新奇性やポップなデザインがあいまって、“大人がハマる”とめっぽう評判のニューヨーク生まれの知育玩具です。

ミニカー、シンセサイザーなど、いろんなツールを作るためのさまざまなキットがラインナップされているのですが、新たにDROID INVENTOR KITなるアイテムが登場。

当方「8歳以上」という対象年齢をはるかに超えたアラフォーですが、これはもうノドから手が出るほど欲しい!

あなたの中の
“少年”が目を覚ます?

どうでしょう。少年ゴコロをくすぐるというか、メカやロボットに憧れた小学生の頃ようなワクワクした気持ちが湧き上がってきたのでは?

ご覧のとおり、これは「スターウォーズ」の人気キャラクター「R2-D2」型のドロイドを組み立てるキット。電子回路が透けて見える透明なデザインの、そのクールな完成度たるや。

もちろん、電子回路についての専門知識やハンダ付けなどの面倒な作業は一切不要。付属のガイドブックにそって組み立てていくことで誰でもドロイドを作ることができます。

さまざまなステッカーも同梱されているので、下のようなカラフルな「R2-D2」にカスタマイズできるのもGOOD。また、このキットに含まれているもの以外のモジュールも組み合わせることができるので、アイデア次第で可能性はまさに無限大なのです。

専用アプリで
思いのままにアクション

さらにユニークなのは、専用アプリ「Droid Inventor App」を使えばラジコンのように自在に操作することができ、また、新たなスキルを覚えさせたり、17種類以上のミッションを実行させることもできちゃうところ。

“ものづくり”のたのしさ、そしてこれからの時代に必須といえるエンジニアリング能力も養うことができるとあって、既に教育現場での導入も進んでいるという「littleBits」。ぜひウチの子にも、と思うけれど、子ども用にしておくにはいささかもったいない気も。

ともかくこの「DROID INVENTOR KIT」、さっそくオーダーしてみました。が、届くやいなや小学生の長男と奪い合いになること必至!?

※R2-D2、Droid、およびForceは、ルーカスフィルム社、あるいはその関連会社の商標です。

Licensed material used with permission by littleBits Electronics
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
新作公開日が決定し、世間を賑わしているスター・ウォーズ!と言うのも、次回作の『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』が2015年12月18日に公...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...