ダ・ヴィンチの秘密に迫れ!謎が解けないと先に進めない「パズル本」。

Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!

様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実行することが必要になります。

レオナルド・ダ・ヴィンチの、
「ワークショップ」へようこそ。

「知るだけでは不十分である。私たちは活用せねばならない。意思だけでは不十分なのだ。私たちは実行しなければならない」。

とは、よく知られた彼の名言。

この本を開いた読者は、“ダ・ヴィンチのワークショップ”への参加者になります。パズルは、彼からの課題であり、謎を解いていくほど、本に書かれている秘密へ近づけるというわけ。

どんな扉が用意されているのか、見てみましょう。

Page 1
『メカニカルアイリス』

Page 2
『回転迷路』

Page 3
『ゼネバギア』

Page 4
『パラドックススライダーズ』

Page 5
『クリプテックスラウンド』

どれも、パーツの意味を理解して動かしたり、法則を読み取って整列したり、一筋縄ではいかないものばかりです。見た目だけでワクワクしてきますね!

レーザーカッターで木製パーツがつくられており、「Kickstarter」で生産資金を調達。結果、期間が15日間余っていながらすでにどのメニューも売り切れ。3万ドル(約300万円)の目標金額に対して20万ドル(約2,000万円)を超える投資が集まりました。

予約は一時締め切られていますが、ウェイティングリストに登録すれば続報を受け取ることが可能。世界中どこにでも配送すると書かれており、いずれは日本でも購入できるかもしれません。そそられます!詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by Brady Whitney
「Off-White」が「ルーブル美術館」でダ・ヴィンチの逝去から500年という節目におこなわれている「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」とコラボ!
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
見た目は超シンプル。しかし、その正体は......超難解。そんな世界中のパズルマニアをうならせる不思議な「マジックパズル」が日本に上陸した。
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
英Amazonで、まったく絵柄が描かれていない1000ピースのジグソーパズルが発売中。ミニサイズのピースで構成された大きさ42cm×30cmの超高難度パズ...
離婚する夢の意味とは?夢占いの専門家が、離婚の夢について、人やシーン、心理、原因別に解説。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
「NASA」の人工衛星画像をもとにした極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が作った、地球儀型知的パズル「AstroRealit...
「Pocky」は、2019年の世界売上金額により「チョコレーティングされたビスケットブランド世界売上No.1」のギネス認定を受けた。
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。