ダ・ヴィンチの秘密に迫れ!謎が解けないと先に進めない「パズル本」。

Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!

様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実行することが必要になります。

レオナルド・ダ・ヴィンチの、
「ワークショップ」へようこそ。

「知るだけでは不十分である。私たちは活用せねばならない。意思だけでは不十分なのだ。私たちは実行しなければならない」。

とは、よく知られた彼の名言。

この本を開いた読者は、“ダ・ヴィンチのワークショップ”への参加者になります。パズルは、彼からの課題であり、謎を解いていくほど、本に書かれている秘密へ近づけるというわけ。

どんな扉が用意されているのか、見てみましょう。

Page 1
『メカニカルアイリス』

Page 2
『回転迷路』

Page 3
『ゼネバギア』

Page 4
『パラドックススライダーズ』

Page 5
『クリプテックスラウンド』

どれも、パーツの意味を理解して動かしたり、法則を読み取って整列したり、一筋縄ではいかないものばかりです。見た目だけでワクワクしてきますね!

レーザーカッターで木製パーツがつくられており、「Kickstarter」で生産資金を調達。結果、期間が15日間余っていながらすでにどのメニューも売り切れ。3万ドル(約300万円)の目標金額に対して20万ドル(約2,000万円)を超える投資が集まりました。

予約は一時締め切られていますが、ウェイティングリストに登録すれば続報を受け取ることが可能。世界中どこにでも配送すると書かれており、いずれは日本でも購入できるかもしれません。そそられます!詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by Brady Whitney
「Off-White」が「ルーブル美術館」でダ・ヴィンチの逝去から500年という節目におこなわれている「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」とコラボ!
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
英Amazonで、まったく絵柄が描かれていない1000ピースのジグソーパズルが発売中。ミニサイズのピースで構成された大きさ42cm×30cmの超高難度パズ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
7月4日、「OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH」から、新作のマスクコレクションが発売された。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
3月8日の「国際女性デー」にちなんで投稿された「あなたは、この“なぞなぞ”が解けますか?」と題された動画が話題を呼んでいる。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...