難しくってセンスも抜群!おすすめパズル5選

おうちで過ごす時間が増えそうな、今年のお正月休み

することがなくてヒマだな〜という人がいたら、久しぶりに「パズル」でもいかが?

一人で黙々と楽しんでもよし、複数人で完成を目指してもよし。地味なアクティビティに感じるかもしれないけれど、意外とハマる&盛り上がるかも。

ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインのパズルをいろいろ集めてみたので、ぜひ参考にしてみて。

達成感がハンパない
「地球儀型知的」パズル

「NASA」の人工衛星画像をもとに作る極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が開発した知的パズル「AstroReality Pixel Earth」
©2020 株式会社Gloture

これまで「NASA」の人工衛星画像をもとに作る極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が、大人も子どもも楽しめる製品を目指して開発した知的パズル「AstroReality Pixel Earth」

パーツは合計1,338個96種類。そのなかから正しい部品を探し出し、地球を構築することに没頭する。

ピクセル表現でありながらリアルな地球を再現するため配色に工夫がされており、青い海、ターコイズブルーの森と緑の草原など、地球の雄大な自然がカラフルなブロックで表現されている。

 

詳しく読む>>>

“世界最高難易度”を目指した
「たった15ピース」のパズル

世界最高難易度を目指した、たった15ピースの超合金製パズル、「ZIREL」
©Makuake

この桜の花の形をした「ZIREL」という超合金製パズルは、たった15ピースしかない。

しかしこれ、大学教授もクリアできない極限に難しいパズルなのだとか。

「ZIREL」を作った「岩井プレス株式会社」は、スマートフォンパソコンICカードなどに使用されている電子コネクターを製造している会社。日本のモノづくりに触れる機会になればと、これまで培った金型技術を用いて、この大人向けのちょっと贅沢なパズルを開発したそうだ。

 

詳しく読む>>>

猫のピースで猫が完成する
「レインボー猫パズル」

猫のピースが隠れたレインボーパズル
©2020 Nervous System

レインボーカラーが目に鮮やかな、こちらのジグゾーパズル。遠目にはフツーのパズルに見えるが、じつはピースのなかにも猫が隠れている

威嚇のポーズ伸びのポーズ丸んまる寝姿など、全224ピースのうち43ピースが、それぞれTwitterで応募があった実際の猫たちを参考に形作られたんだそう。

ジグソーパズルに挫折しがちな人でも、これなら各ピースに癒やされながら完成に向けて進めることができるかも?

 

詳しく読む>>>

「自分だけの地球」が
作れるパズル

自分だけの地球が作れるパズル「earth puzzle」
©Nervous System

「earth puzzle(地球パズル)」は、各ピースをハメていく専用のボードがなく、北や南といった方角を気にせず自由に「自分だけの地球」を作り上げることができるというパズルだ。

通常のピースに加え、16種類の動物の形をしたピースもあり、ペンギンイルカゾウなどが、それぞれの生息地にハマるようになっている。たとえば、オーストラリア大陸にはカンガルーのピース、といった具合に。日本列島にハマる動物とは……?

 

詳しく読む>>>

難しい……でも、かわいい
「透明」なパズル

イインテリアにしてもかわいい「透明パズル」
©2020 @yelldesign

オーストラリアを拠点に、普段はストップモーションの製作などをおこなっているスタジオ「yelldesign」が、新型コロナウイルスによる社会変化を機に作成したという3種類のユニークなクリアパズルがこちら。

「ウイルス」をイメージして作られた円形のパズルや、「水槽」をイメージして作られたほぼ絵柄なしのパズルなど、どれも独創的なデザインだが、なかでも「割れた窓ガラス」をモチーフにしたパズルは、複雑な形で大きさもさまざまなピースで構成された今までにないパズル。

超高難度とのことなので、自信のある方はぜひこちらに挑戦してみてほしい。

 

詳しく読む>>>

Top image: © 2020 株式会社Gloture, Nervous System
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
金属の精密加工メーカーが、極限に難しいパズルを製作。その難しさは一見しただけではわからないが、「裏表が鏡面加工のため、パズルの表裏がわからない」、「ピース...
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
論理的な思考で解き明かすストーリー仕立ての難解なパズル「Clue box」が、クラウドファンディングサイト「kibidango」に登場。2人がかりでも1時...
英Amazonで、まったく絵柄が描かれていない1000ピースのジグソーパズルが発売中。ミニサイズのピースで構成された大きさ42cm×30cmの超高難度パズ...
見た目は超シンプル。しかし、その正体は......超難解。そんな世界中のパズルマニアをうならせる不思議な「マジックパズル」が日本に上陸した。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
「NASA」の人工衛星画像をもとにした極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が作った、地球儀型知的パズル「AstroRealit...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
この文字の配列の中に「DIFFICULT」という単語が隠れているよ。さあ、見つけてみよう!この手の文字パズルって、閃めきが降りてくるかこないか、じゃないか...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
レインボーカラーがオシャレな猫のジグソーパズル。実はこれ、パズルピースまで猫型でできているとか……!
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
ケースを閉じる時のまるでパズルのピースが全部はまったようなスッキリ感。これ、クセになりそう!
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...