中国工芸品みたいなパズルボールシアター

カチャカチャと動かす様子がパズルボールなどとも言われる、象牙でできた中国の伝統工芸品。龍や鳳凰が精巧に彫られているのが特徴です。

そんなクラフトマンたちの技術の結晶をモチーフとした劇場が「Puzzle Ball Theatre」。中国・広州に建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)がデザイン構想を発表しました。

2000席規模のシアターで、ローカルカルチャーに特化した内容の展示会も開催されるといいます。

伝統要素を盛り込んでいるにもかかわらず、その仕上がりはSF感の漂う建築になりそうですね。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事