不可能への挑戦——1000ピースの「真っ白なパズル」

ジグソーパズル好きの方に朗報!

英Amazonで、まったく絵柄が描かれていない1000ピースのジグソーパズルが発売。ミニサイズのピースで構成された大きさ42cm×30cmの超高難度パズルが、ファンを震撼させているようだ。

© av_puzzles/Instagram

さすがにどこから手をつけていいか分からないという方には、ヒントも用意されているらしい。どうやら、パズルの裏に描かれたマークをみれば、グループごとに分類することができるのだとか。

さらに、解き終わったあとは自分でペイントすることでオリジナルパズルの作成もできるこの一品は、オールホワイトオールブラックの2種類で、なくしたピースを届けてくれる保証付き

英Amazonで£20(執筆時点で約7600円)で販売されているようだが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で日本への配達は休止中のようだ。

はたして、完成させるには何時間かかるのだろうか。というか、そもそも完成させられるのだろうか......。

手に入る機会があれば、ぜひとも挑戦してみたい。

Top image: © iStock.com/ratselmeister
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
「NASA」の人工衛星画像をもとにした極めて精巧な天体モデルを発表してきた「AstroReality」が作った、地球儀型知的パズル「AstroRealit...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
「Kodak」より、5万1300ピースからなる超巨大ジグソーパズルが登場。セットには、世界各地の写真がプリントされた1900ピースのパズルが27個入ってお...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
ケースを閉じる時のまるでパズルのピースが全部はまったようなスッキリ感。これ、クセになりそう!
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
韓国の10代や20代から絶大な支持を集め、タイやアメリカにも進出しているソウル発のセレクトショップ「ÅLAND(エーランド)」が日本に初上陸!
コンサルティング会社「マーサー」が「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング」を発表した。気になる「東京...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
この文字の配列の中に「DIFFICULT」という単語が隠れているよ。さあ、見つけてみよう!この手の文字パズルって、閃めきが降りてくるかこないか、じゃないか...
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...