自宅勤務を楽しく!超精巧に作られた「キーボード用レジンキャップ」

新型コロナウイルスの影響から自宅で仕事をする人が格段に増えてきてた。多くの人が嘆いているように、気持ちを切り替えるのが難しい!

そんなときは、デスク周りの景色を変えてみてはいかがだろうか。そして今回紹介するこのキーボードキャップは、気持ちをアゲるのにピッタリなアイテムだ。

ベトナム拠点のクリエイターカンパニー「DWARF FACTORY」が手掛けているのは、すべて手作りのキーボード専用レジンアート。会社名にもあるように、ファンタジーや中世の世界を基調に作られた作品は、凝った世界観が好きな人には堪らないアイテムだ。

バリエーションもドラゴンモンスターイルカなどさまざまな種類が。組み合わせてつけてもおもしろいし、ひとつだけセットしてもいいアクセントになりそうだ。

気になる価格は、1個あたり約4000円から6000円ほど。決して安くはないが、これだけ精巧に作られているのだから納得の価格である。

販売は公式サイトからおこなわれており、日本からも購入できるようなので、ぜひご検討を。......PCゲーマーの友だちにあげたら、とても喜びそうだ。

Top image: © 2020 Dwarf Factory
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
キーボードといえば、割とシンプルなイメージ。今回紹介するのは、タイプライターのようなデザインと音に注目した、今までのそれとはちょっと違ったキーボード「Lo...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
このカシャカシャ音が、耳をきもちよくさせてくれる。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
外出先でちょっとした作業をしたい。とはいえ、PCを持ち運ぶのは重たいし、扱いにも気を遣う。タブレットやスマホでできないことはないけれど、やっぱりいつも通り...
カフェでのメール作成や、旅先でのFacebook、Blogの更新などなど。スマホで対応できるのは言わずもがなですが、PCに慣れ親しんでいる人にとっては、キ...
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
小さくて不思議な形状のキーボード。これは、イギリスのROLI社から発売された「Seaboard Block」。平らな形状でキーの境目も曖昧。一見キーボード...
10月13日(火)、「レノボ・ジャパン」が世界初の画面ごと折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を発売する。
マウスやキーボードなんてもう古い!グローブ型のコントローラーが米で開発中です。Kickstarterでは既に目標金額の出資を集めており、ガジェット好きを中...
間違いなくプロダクト好きな男性の心をくすぐるコチラの製品。「QWERKYWRITER」は、ワイヤレスのタイプライター風キーボードです。これはカリフォルニア...
家で過ごす人々と作品発表や販売の機会を失ったアーティストの作品をつなぐことを目的にした期間限定ECサイト「ONE ROOM ART」。
キーボードの隙間掃除に使っているエアダスターです。microUSBによる充電式。何度でも繰り返し使えるし、ガス臭さはナシ、噴射するエアも十分。シンプルな作...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...