「触れられる3D映像」。空中に浮くキーボードやディスプレイが現実に

「タッチできる3D映像を日本人がつくりだした」

というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し出した像を、触って操作できます。

この技術がさらに進歩すれば。現在のテレビ画面のようなボックス型のディスプレイやキーボードなどの入力用の物体に触る必要がなくなるはず。

まるで映画『マイノリティ・リポート』の世界です!

Reference:TrailersPlaygroundHD

この技術を開発したのは“21世紀の魔法使い”の異名を持つ筑波大学の落合 陽一博士が率いる研究チーム。空中に浮いている光は、プラズマによってつくられました。

ただ表示させているだけではありません。そのままではエネルギーが強すぎて人体に影響してしまうため、フェムト秒レーザーというパルス(電気信号のようなもの)の短いレーザーを使用して、触れても安全なプラズマディスプレイを実現させています。

おもしろいのは、タッチして視覚的に像が変化するだけでなく、操作性をもたせているところ。SF映画のような、空中に浮く光のディスプレイが実現する日も近いのかもしれません。

海外からも、様々な驚きのコメントが寄せられています。

「これを2,000年前の人間に見せてみろ、きっと黒魔術師だと訴えられて処刑されるぞ」
「マジかよ。ライトセーバーも現実になりそうだな」
『遊☆戯☆王』の世界が現実に・・・」
「日本人はいつもホントに凄いな!」

確かに様々な用途が考えられるのは事実。街中の掲示板や看板がホログラフィックに代わっていき、ウェアラブルを着けなくてもいい3D映画やお化け屋敷、エンターテインメントの世界にも大いに影響がありそうです。

Reference:TrailersPlaygroundHD
Licensed material used with permission by 落合陽一

「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
マイクロソフト社の開発チーム「Interactive 3D technologies(I3D)」が発表した「ホロポーテーション」は、ホログラムをリアルタイ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
これは最先端技術が集まるイベント「CES 2016」に展示された、LG社製の新型ディスプレイです。プロトタイプですが、その薄さは驚異的。新聞紙のように丸め...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。