イルカの目から見た人間の姿はこんな感じだった・・・

アメリカとイギリスの合同研究チームが、人類史上初めてイルカが超音波を使って物体を捉えている証拠を視覚化することに成功しました。彼らが捉えている人間の姿、これがビックリするくらい鮮明だったのです。

これが、イルカから見た人間の姿

スクリーンショット 2015-12-11 13.09.07

イルカは、仲間とのコミュニケーションや餌を捕る際に音を使い分けます。この音に合わせて出す超音波を使って、物体の存在を測定する能力をエコーロケーションと言います。合同研究チーム「SpeakDolphin」は、イルカがどうやって海の中で、そのエコーロケーションを使って物体を視認しているかを、ついに突き止めたのです。
上の写真は、目の前にいるダイバーをイルカが捉えた際のノイズから、2Dプリントした画像です。輪郭だけとはいえ、四肢がしっかり表れています。

イルカ特有のクリック音を前方に向けて発し、物体からの反響を聴くことで、対象物の位置や形、大きさを把握しているんだそう。それにしても、スゴい!

イルカの発する音を集めて
3D画像で視覚化

56674694c46188de408b45f2

SpeakDolphinのリリースによると、研究者らは、イルカのエコーロケーションノイズを収集。そこから雑音を取り除いていき、まずは2Dでイメージを印刷しました。
さらに、イメージの全体像を把握するためそれを3D画像へと変形。これにより、イルカたち海中で超音波を発することで認識している物体の全容が把握できるんだそう。写真に写る円形のレリーフのような造形は、イルカが発した超音波を3D化したものです。

実験は人間だけに限らず、他にも立方体(写真奥左)、植木鉢、さらにはプラスチック製の「+」シンボルをエコーロケーションを用いて行われました。ぼんやりとですが、それぞれの形が認識できるのでは?

「92%の正確さで物体を認識」
想像以上のインテリ動物?

566746acc36188ef0a8b45d2

この実験に協力してくれたのは、彼が“アマヤ”と名付けたメスイルカ。エコーロケーションを収集すべく、水中聴音機を構えたダイバーに向かって、超音波を発射しました。酸素ボンベからの排気泡すらもノイズとなるため、熟練ダイバーによる素潜りで集音されたそうです。

SpeakDolphinの創設者Jack Kassewitz氏は、これまでイルカのコミュニケーション方法について、調査研究を続けてきた第一人者です。彼は、10年前イルカが発する超音波を3D画像化することで、彼らの生態系を突き止める方針に大きく舵を切っていました。

「イルカが発している超音波に違いがあることに気づいたとき、私たちは物体を識別しているのではないかと思ったのです。実際、彼らは超音波を使って92%の正確さで識別していきました。その音が何を意味しているか、それを調べるところからスタートしていったんです」

Microsoft Word - Dolphin3DPrintPressReleasev4 Jack TM 2 (Autosaved).docx

研究者たちの次なる調査は、イルカ同士が超音波を使いながら、より視覚に近い言語形態を持っているのではないか?という仮説の証明。

もしかしたら、イルカは人間の想像を遥かに超える、知的で優れた動物なのかもしれませんね。それを解明するには、科学の方がまだ、追いついていない部分もある、と世紀の大発見を紹介した「Discover」は、イルカのモノを認識する能力の未知なる可能性に言及しています。

以下の動画は、イルカの発するエコーロケーションノイズが、実際どんなものかを聴くことができます。

Reference:Discover
Licensed material used with permission by SpeakDolphin

2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
イルカは頭が良く、人なつっこい生きものというイメージがありますよね。彼らが「夢」に出てきたことがありますか?イルカと泳ぐ夢、背中に乗る夢…。イルカと夢の相...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
これから紹介するのは、「紳士」と「イルカ」の大決戦。バハマへのクルーズ中に出会ったことをきっかけに、世紀の“水鉄砲対決”が始まったようです。やるかやられる...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
今年、2度目となるMUTEK Japanは、会場を日本科学未来館へと移してパワーアップされる模様。今回、会場全体のサウンドプロデュースを手がける瀬戸勝之さ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...