2,000頭もの「シロイルカの群れ」をドローンが撮影

なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、どうやら数年越しの悲願だったのだとか。

ドローンだからこそ
とらえられた“神秘的な光景”

スクリーンショット 2015-12-06 10.50.44

撮影に成功したのは、野生動物を追う写真家Nansen Weber氏。今回は、4週間にわたる撮影期間の中で、シロイルカの貴重な姿を映像に収めました。

スクリーンショット 2015-12-06 10.50.56

Weber氏は「CBC News」にこう話しています。

「シロイルカがどのように暮らしているのか。このテーマに対する新しい視点をドローンが与えてくれたんだ。これらの写真は、彼らが大きなパーティーを開いているかのようだね」

スクリーンショット 2015-12-06 10.51.28

ちなみに彼は、過去数年間にわたって、ドローンを用いた北極での野生動物の撮影にトライしていた模様。しかし、激しい寒さと強風の前に断念せざるを得なかったのだそう。

スクリーンショット 2015-12-06 10.51.14

最後に、再び「CBC News」に対する彼の弁を。

「シロイルカの群れを撮影したこの場所のように、“自然のままの場所”が世界にはある。僕たちがしっかりと見守り、保護すべきものだと思います」

Licensed material used with permission by Jukin Media

クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。