米軍が「小さすぎるドローン」をテスト!その性能が想像以上にスゴイ

撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。

85singo_frontpage2

85singo_0845-for-web

2015年3月より米軍の特殊部隊でテストされているのは「Black Hornets(スズメバチ)」と呼ばれるもの。「 Prox Dynamics」社が開発した超小型&軽量のドローンです。長さは10cmほどしかなくポケットにすっぽりおさまるサイズ。重さはわずか17グラムしかありません。

小さな機体には3つのカメラが搭載されており、通常の動画に加えて、サーモグラフィーによる夜間撮影も可能。操作できる範囲は1.8km圏内、稼働時間は約25分とさすがにスタミナには難ありですが、飛行音も静かで、風速9mまでであれば安定した操作ができるそうです。

Reference:BSS Holland

また、コントローラーでの手動操作以外にGPSを利用した自動操縦機能もあるため、設定したルートを巡回させることもできます。

小回りが利くことで、用途も広く想定されており、遭難者の発見や監視、さらには化学物質の検知センサーをつけることで、薬物や核による汚染を調査することも出来ます。大型のドローンに比べて、衝突や墜落時にも、その場にいる人間へ与えるダメージも少なくて済みます。

85singo_search-rescue-2

85singo__h1a9630prox-sivil-filter

85singo_img_3309intohell

85singo_ngos-1-powerline

偵察用を想定しているため、ドローンの機体には撮影したデータが残らない仕組みなども。とはいえ、緊急時の活動をサポートする機能も多くあるため、今後の機能追加や改善に期待が寄せられています。ドローンの進化、想像以上ですね。

Reference:BSS Holland
Licensed material used with permission by  Prox Dynamics

クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
アメリカで初任給の高い大学「ベスト50」が「Business Insider」で発表された。社会人一年生であるフレッシュマンが手にする破格の年収にも驚かさ...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。