アメリカ空軍が開発する「空飛ぶ車」が2023年に実用化へ

先日、アメリカ空軍がテキサス州にあるキャンプ・マブリーにおいて垂直離着陸機「Hexa」の試験飛行を披露した。

垂直離着陸機はeVTOL(electric vertical takeoff and landing)の名前でも知られ、“空飛ぶ車”として大きな注目を集めている新たなヴィークル。

テキサスに拠点を置く企業「LIFT Aircraft」が開発したこの「Hexa」は、電気で動く1人乗り。操縦不要で乗員を目的地まで運んでくれるそうだ。

今回の試験飛行には、空軍長官をはじめ多数の関係者も出席。アメリカ空軍は、この新ヴィークルの開発を支援するプログラム「Agility Prime」をおこなっており、同ヴィークルもその一貫で開発が進められているという。

空軍長官のバーバラ・バレット氏は「空飛ぶ車というと、まるでハリウッド映画の世界の話のように聞こえるかもしれませんが、私たちは、さまざまな業界や機関と連携し、米国の航空宇宙技術を大きく前進させることができます」と語っている。

なお、同ヴィークルは2023年の実用化を目指しているとのこと。

実際に飛行している様子は以下の動画から視聴可能。ちょっとイメージしていた“空飛ぶ車”とは違う気がするが、安全面を考えるとこの形が最適ということなのかもしれない。

© LIFT Aircraft/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
フランスで設計者、機械エンジニア、医師らが集まって結成された開発チームが「空飛ぶ救急車」のデザイン案を作成。脇にプロペラが備えられており、変形すると空を飛...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
12月19日、アメリカのマイク・ペンス副大統領が、同国の宇宙軍に属する人員のことを「ガーディアン」と呼称すると発表した。
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
アメリカ空軍が、120万ピースで構成された世界最大級のバーチャルパズルを製作!2016年オープン直後に「国立アメリカ空軍博物館」の内部を撮影した1.03ギ...
「空飛ぶタクシー」を提供するのは、ミュンヘンを拠点に活動するスタートアップ「Lilium」。ガソリンを使わない電気式となっており、羽についた約36個のモー...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
先月25日、“空飛ぶクルマ”の開発を続ける企業「SkyDrive」が、有人飛行実験を公開し、約4分間の飛行に成功した。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
「アメリカ宇宙軍」が隊員募集にあたってリクルートCMを公開。まるでSF映画の予告編かのような映像が話題になっている。
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
2021年7月オープン予定、未来生活体験のテーマパーク。
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
今月3日(木)に、日本政府が2030年代半ばにはガソリン車の販売を事実上禁止する方向で最終調整に入ったと報じられた。
「ヤマトホールディングス」は、空を活用する物流サービスを2020年代前半に実現を目指し、「JAXA」と連携して貨物ユニットの形状の開発まで進んだことを発表。
タイヤメーカー「ミシュラン」と自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」がタッグを組み、エアレスタイヤ「UPTIS」を開発しました。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。