「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。

モナコで開催されたカーショー「Top Marques Monaco(トップ・マルケス・モナコ)」でお披露目された、スロバキアに拠点を置くAeroMobil社の「Flying Car」。そのまんま「空飛ぶ車」。

10年以上に渡り開発が進められていて、ついに実用化が見えてきたというのです。

飛行も走行もできる
夢の「空飛ぶ車」

2020年までの納車を目指している、二人乗りのこの車。

現在さまざまな企業が、それぞれの「空飛ぶ車」の開発を進めていますが、走行はできない「車型の飛行機」もちらほら。

しかしAeroMobil社が開発が手がけているのは、正真正銘の「空飛ぶ車」。他の自動車と同様に、道路を走ることも前提としています。

車体は全長6m弱、全幅は2mを軽く超えます。一般的な自動車に比べるとかなりの巨体。さらに、飛行モードで翼を広げると、全幅は9m近くにも!

たった3分で
飛行モードになる

車体が飛行モードに移行するまでに必要な時間は、たったの3分。車モード時の最高速度は時速160kmで、最大700kmの距離を走ることができます。

こちらはコックピット。やっぱり空飛ぶ車だけあって、車の操縦席に近い印象ですね。

飛行モードのときは750kmの距離を飛行可能で、空中での最高速度は時速360km。

滑走路を使用する必要があるため、パイロットライセンスが必須です。現在はヨーロッパでのみ運転することが認可されていますが、AeroMobil社はアメリカでのリリースに向けても動いています。その後は、中国への導入も検討する予定だとか。

初期の受付は完了、
一般発売はいつごろ?

この車、すでに初期生産500台の予約受付は終了しているという盛況ぶり。価格は120万ユーロ(約1億4,000万円)〜150万ユーロ(約1億7,500万円)になる見込み。

空陸両用の車に乗れる日も、それほど遠くないのかも。

Licensed material used with permission by AeroMobil
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのユーチューバー兄弟の動画をご紹介。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...