「空飛ぶクルマ」がまもなく登場?

空飛ぶクルマの開発をおこなうベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」は、2019年9月27日、無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業省より事業許可を取得した。

大手企業を除くベンチャー企業がこうした「航空機製造事業」の許可を受けるのは国内初のことだ。

同社が開発中の「空飛ぶクルマ」は、長距離かつ高速移動を実現するために、翼は「ティルトウイング」、動力は「エンジン機」を採用。最大800kmの距離を、最速で移動できる機体開発を目標としており、東京~大阪間の移動手段としてはもちろん、従来の交通手段では困難な離島や山間地域への交通インフラとしての確立も目指している。

下の図は直径800kmの距離を日本地図上に描いたもので、この次世代型「空飛ぶクルマ」の飛行能力を表している。現在は検証のための「無人飛行のテスト機」を開発中だが、2025年開催予定の大阪万博において、「有人飛行可能な垂直離陸機(VTOL)」の出展も目指して開発が進められているという。

「空飛ぶクルマ」──。以前よりイメージしていたもの(現在の自動車型のまま空を飛ぶ乗り物)とは少し違ったが、成功すれば従来の移動手段と比べ、高速で、かつ自家用車のように自由度の高い移動手段となる。完成がじつに楽しみである。

©2019 スカイリンクテクノロジーズ株式会社
Top image: © 2019 スカイリンクテクノロジーズ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。