「空飛ぶクルマ」に搭載!「ミズノ」のシューズテクノロジーが乗員用のシートに

2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が、乗員用座席の開発を進めている。

「空飛ぶクルマ」とは、電動にして完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴の新たなモビリティ。世界各国で開発が進んでおり、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとしても期待されている。

機体開発を進めるなかで、乗り心地のよさと乗務員の安全を担保する座席の存在がネックに。そんななか、シューズのクッション性と安定性を両立させる独自の波形プレート「ミズノウエーブ」の技術をもつ「ミズノ」が参画。

研究開発された軽量高性能な「衝撃緩衝装置」が内蔵されたシートは、性能確認試験を実施するまでになり、期待通りの結果がでているという。

陸上でさまざまなトップアスリートを支えてきたテクノロジーが空を飛ぶ日も、そう遠くなさそうだ。

©SkyDrive
©SkyDrive
©SkyDrive
Top image: © SkyDrive
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事