【衝撃映像】「空飛ぶクルマ」ついに実現……!

スロバキアのベンチャー企業「Klein Vision」が開発する空飛ぶ自動車「AirCar」が、歴史上初となる都市間飛行に成功。

先日公開された同社の地元にあるニトラ国際空港からブラチスラヴァ国際空港への、35分間のフライト映像に大きな注目が集まっている。しかも同社CEOであるステファン・クレイン氏本人がパイロットとして操縦&運転しているようだ!

© KleinVision/YouTube

今回歴史を作った空飛ぶ自動車「AirCar」は、これがプロトタイプ1号機で、今回で142回目の着陸成功になるという。

スポーツカーに翼をそのまま取り付けたような奇抜な外見が特徴で、実際に「変形ボタン」を押すだけで、両翼が本体に格納され、自動車モードに切り替わるようだ(動画1分29秒)。

当たり前と言えば当たり前なのだが、着陸後に自動車へと変形し、飛行場を去って一般道を走行する映像は、何度見ても驚きを隠せない……。

さらに、実用化一歩手前となるプロトタイプ2号機を開発中とのこと。同社CEOが語るように「空飛ぶ自動車は、もはやコンセプトではない」ようだ。

Top image: © 2021 Klein Vision,
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事