ドローン写真が集まるアカウント「Dronestagram」が想像以上にスゴかった

そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひとつとして完全に定着した感がある。

そこは、世界で最も美しい
ドローン写真が集まる場所

Dronestagram」には、文字通りドローンを使った空撮写真のみがアップされている。アマチュアからドローン操縦士、プロの空撮カメラマンまで。ヘリコプターや小型飛行機による空撮とも違い、低い高度を自在に飛べるドローンだからこそ見える世界が集結している。

「上空に行ってみるまでどんな光景が広がっているかは分からない。カメラマンはドローンの操縦をしながら、誰も見たことのない世界へと誘うようなレイアウトを考える必要があるため、信じられないほど難しいものなんです」

とは『ナショナルジオグラフィック』誌で、デジタルフォトの副ディレクターを務めるPatrick Witty氏の言葉。こうした玄人受けする“バードビュー”ばかりが集まる背景には、毎年この場から世界で最も美しいドローン写真が選ばれるから。

ナショジオが主催する
ドローン写真コンテスト
2016年受賞作品

ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年より始まった、空撮写真を表彰する国際コンテスト。今年は世界28カ国から、およそ5,900点の作品が寄せられ、各部門の優秀作品が発表された。

以下は、「Travel(旅行)」「Sports Adventure(スポーツ・アドベンチャー)」「Nature-Wildlife(自然と野生動物)」のカテゴリに入賞した上位3作品。地上にいては決して感じることのできない、ダイナミズムが伝わってくる。

1st prize winner Travel Category
Francisco Cattuto / Dronestagram

2nd prize winner Travel Category
Todd Kennedy aka DragonEye / Dronestagram

3rd prize winner Travel Category
Karolis Janulis / Dronestagram

1st prize winner Sports adventure Category
Max Seigal / Dronestagram

2nd prize winner Sports adventure Category
Juan Pablo Bayona / Dronestagram

3rd prize winner Sports adventure Category
Tj Balon / Dronestagram

1st prize winner Nature-Wildlife Category
Micheal Bernholdt / Dromestagram

2nd prize winner Nature-Wildlife Category
Szabolcs Ignacz / Dronestagram
3rd prize winner Nature-Wildlife Category
Jonathan Payet / Dronestagram
Licensed material used with permission by Dronestagram, (Instagram)
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...