初めて「怖い…」と感じたハワイの写真

ついこの間、友人がハワイへ行ってきた。しかも、私が長年行きたくてたまらないハワイ島に。土産話は、予想通り大自然を堪能したというものだった。ホノルル周辺しか行ったことがない私にとっては、未体験のハワイ。

「羨ましい…」

観光客でごった返し、どこの国にきているのかもわからなくなるオアフを離れ、あの島で楽しみたい。その想いは、ある写真により一層強くなった。

ドローンで撮影した、
「生きる溶岩」の姿。

これは、ハワイ・キラウエア火山の溶岩。

ポストカードや観光販促用に撮影されたものならば、いくらでも目にしたことはある。が、ドローンを飛ばしてギリギリまでマグマに迫ったそれは、地球じゃないどこか別の惑星を写しているかのよう。

息を飲むほど美しいというイメージを、ハワイ島に対して長年抱いていたが、この灼熱の溶岩にある種の「脅威」や「恐ろしさ」を初めて抱いた。

撮影者のErez Maromさんは言う。

「マグマの熱でカメラの一部が溶けてしまったよ」

いくらドローンだからって、ここまでマグマに近づけば、人間じゃなくとも無事ではいられないよね。

Licensed material used with permission by Erez Marom, (Instagram), (Facebook)
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
ハワイ島キラウエア火山で撮影された、1本の動画がネットで大反響を呼んでいる。すでに再生回数1,100万回超え。ところが、火口から吹き上げるマグマの荒々しさ...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...