初めて「怖い…」と感じたハワイの写真

ついこの間、友人がハワイへ行ってきた。しかも、私が長年行きたくてたまらないハワイ島に。土産話は、予想通り大自然を堪能したというものだった。ホノルル周辺しか行ったことがない私にとっては、未体験のハワイ。

「羨ましい…」

観光客でごった返し、どこの国にきているのかもわからなくなるオアフを離れ、あの島で楽しみたい。その想いは、ある写真により一層強くなった。

ドローンで撮影した、
「生きる溶岩」の姿。

これは、ハワイ・キラウエア火山の溶岩。

ポストカードや観光販促用に撮影されたものならば、いくらでも目にしたことはある。が、ドローンを飛ばしてギリギリまでマグマに迫ったそれは、地球じゃないどこか別の惑星を写しているかのよう。

息を飲むほど美しいというイメージを、ハワイ島に対して長年抱いていたが、この灼熱の溶岩にある種の「脅威」や「恐ろしさ」を初めて抱いた。

撮影者のErez Maromさんは言う。

「マグマの熱でカメラの一部が溶けてしまったよ」

いくらドローンだからって、ここまでマグマに近づけば、人間じゃなくとも無事ではいられないよね。

Licensed material used with permission by Erez Marom, (Instagram), (Facebook)
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
ハワイ島キラウエア火山で撮影された、1本の動画がネットで大反響を呼んでいる。すでに再生回数1,100万回超え。ところが、火口から吹き上げるマグマの荒々しさ...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...