初めて「怖い…」と感じたハワイの写真

ついこの間、友人がハワイへ行ってきた。しかも、私が長年行きたくてたまらないハワイ島に。土産話は、予想通り大自然を堪能したというものだった。ホノルル周辺しか行ったことがない私にとっては、未体験のハワイ。

「羨ましい…」

観光客でごった返し、どこの国にきているのかもわからなくなるオアフを離れ、あの島で楽しみたい。その想いは、ある写真により一層強くなった。

ドローンで撮影した、
「生きる溶岩」の姿。

A623c354af1249bb461a3d99e9faa2c02f1d036c9a82fa3468a82d036393ab0fee7b0dffcca74b8a5dee35fca38df2f9c8336948f323e97bfb04f813031bfee0a9e59f7b3d5aa0c4bc7b8641ce001aa312047a4fa20abc89295322c1c2c5ee424d2723cb

これは、ハワイ・キラウエア火山の溶岩。

ポストカードや観光販促用に撮影されたものならば、いくらでも目にしたことはある。が、ドローンを飛ばしてギリギリまでマグマに迫ったそれは、地球じゃないどこか別の惑星を写しているかのよう。

息を飲むほど美しいというイメージを、ハワイ島に対して長年抱いていたが、この灼熱の溶岩にある種の「脅威」や「恐ろしさ」を初めて抱いた。

248a7f257ecb9aaccc3a011663cacd1cbeb83b97

撮影者のErez Maromさんは言う。

「マグマの熱でカメラの一部が溶けてしまったよ」

いくらドローンだからって、ここまでマグマに近づけば、人間じゃなくとも無事ではいられないよね。

Licensed material used with permission by Erez Marom, (Instagram), (Facebook)
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ハワイ島キラウエア火山で撮影された、1本の動画がネットで大反響を呼んでいる。すでに再生回数1,100万回超え。ところが、火口から吹き上げるマグマの荒々しさ...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...