チェス、囲碁に続き空中戦も。人工知能が元米軍パイロットに圧勝

人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで、あらゆる分野で進んでいます。もちろん軍事兵器にも。あくまでシミュレーションとはいえ、「ベテランパイロットを歯牙にもかけないAIが登場した」と「Newsweek」は大きくこれを報じました。

経験豊富な元空軍大佐
AI開発のホープに全敗

記事によると、アメリカで開発されたAIがフライトシミュレーターを使った戦闘機による空中戦で、元米空軍大佐Gene Lee氏を完封し全勝したそうです。まるでSF映画の一幕のような話。

この「ALPHA」と名付けられたAIを開発したのは、シンシナティ大学出身のNick Ernest博士(現サイバネティックス社CEO)。AI開発における若きホープと期待され、米空軍研究所と協力してこれまで開発を続けてきた人物です。

驚くことに、ALPHAのプログラムは高い処理能力は必要とせず、わずか35ドル(約3,600円)ほどで手に入るシングルボードコンピューター(Rasberry Pieなど)でも、十分稼働することができるレベルのものなんだそう。

「最も攻撃的でダイナミック」
意図が見透かされていた

もしかして、退役したLee氏の腕が鈍ったからでは?ところがこれもNO。経験も空戦知識も豊富な彼は、退役後に訓練教官も務めてきたばかりか、じつに1980年代からAIとシミュレーター上で対戦を繰り返してきたんだとか。つまり、ALPHAの知能向上をサポートしてきたのが他でもないLee氏本人ということ。

その彼が、「これまでで最も積極的でダイナミックな攻撃だった。まるでこちらの意図を見透かしているようで、瞬時に反応された」、と度重なる撃墜にまさにぐうの音も出ないといった感想をもらしたのです。

さらにALPHAは、旋回機能やミサイル性能の劣る戦闘機でシミュレーションした場合でもLee氏に圧勝。その要因は「Genetic Fuzzy Tree(遺伝子ファジィシステム)」にある、とErnest博士はシンシナティ大学監修の「UC Magazine」で触れています。

このシステムを平たく言えば、刻々と変わる戦況の中でも、人間と同じように瞬時に相手の手の内を読むアルゴリズム。重力を無視した旋回速度の違いだけが、AI勝利の背景ではないことが分かります。

人工知能 vs 人間
未来は役割分担?

2016年3月、世界最強の棋士のひとりイ・セドル九段に人工知能が勝利(4勝1敗)したことは、世界中に大きな波紋を呼びました。チェスやオセロに比べて難易度が高いとされる囲碁までも、AIの知能の前に人間が屈してしまったから。

はたして、AIのディープラーニング(深層学習)に勝るものはあるのか?唯一挙げるならば「人間特有の気まぐれ」という人もいれば、スティーヴン・ホーキング博士のように「本当に知的なAIが完成したら人類は終わる」といった予測も。

そういえば昨年末、英オックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究において、衝撃の数字が発表されました。「2030年から日本を考える、今から2030年の日本に備える」をテーマに行っている研究のなかで、日本で働く労働人口の約49%が、10年〜20年後のうちに技術的にはAIに代替可能になる、こう推計結果を出したのです。

もちろん、これは少子高齢化に向けた労働不足に対し、足りない労働力をAIが補ってくれるというもの。人間に取って代わるではなく、あくまで補う。でも、いつの日かその境界線すらもやすやすと超えてしまいそうな勢いを、昨今のAIの活況ぶりからも感じずにはいられません。

Licensed material used with permission by University of Cincinnati

関連する記事

2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
パリの副市長であるChristophe Najdovski氏は、2030年までに市内へのガソリン車の乗り入れを全面禁止する計画を明らかにした。パリ市議会で...
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
AI(人工知能)が自動生成したデスメタルを24時間ライブストリーミングし続けるYouTubeチャンネル「DADABOTS OFFICIAL」。2019年の...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
子どもの頃、お祖父さんがベンにチェスのルールを教えてくれました。小中学校では、チェスサークルに。高校では学校のチャンピオンでした。今、チェスをプレイする機...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
最先端AI機能搭載のフィットネスマシンを導入した女性専用フィットネススタジオ「ファディー(FURDI)」が東京・小岩にオープン。バーチャルトレーナーがそれ...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。2015...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢...
12月19日、アメリカのマイク・ペンス副大統領が、同国の宇宙軍に属する人員のことを「ガーディアン」と呼称すると発表した。