寂しいお年寄りに寄り添う
)「スウェーデン生まれのAI(人工知能)」

製品やサービスなど至るところで活用され、今や私たちにとって切っても切り離せない存在になったといえるAI(人工知能)。一方で、人間の仕事を奪うのではないかという脅威説が存在するのも確かです。

でも、そんなものは杞憂に過ぎなかったのでは?と思える、ソフトウェアがあります。スウェーデンで誕生した「Memory Lane」。

Google HomeやAmazon Alexaに繋いで使用でき、話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの。ときどき質問もしたりして、人間に代わって“会話”するんだとか。

その後、語られた話が記録に残るように印刷したりPodcastに配信する機能もあるのだそう。

こんな事を聞くと、AIは脅威なんかじゃなく、私たちに“寄り添う”面も持っている……そんな気がしませんか?

© YouTube/ Accenture Digital
Reference: Accenture
Top image: © Accenture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...