IBMの人工知能「ワトソン」が、日本人女性の命を救った!

人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます。

医師でも難しい診断が、
人工知能なら短時間で可能に。

NHK ONLINE」は、医師に「急性骨髄性白血病」と診断された60代の女性を紹介しました。彼女は、症状に効果があるとされる抗がん剤で数ヶ月間治療を続けましたが、改善は見られず容体も悪化。

しかし、ワトソンによって再度病状を分析したところ、彼女は「二次性白血病」だったと判明。抗がん剤の種類を変更すると症状が改善しました。そして、治療の結果2015年9月には無事に退院へ。判断が遅れていれば、死亡していた可能性もありました。

2000万件の論文を学習。
診断には、たったの10分。

使用されたワトソンは、東京大学医科学研究所が導入し、2000万件を超える研究論文や、1500万件を超える薬の特許情報を学習させたもの。症状に関連する情報を探り、根拠とともに解決策を提示できます。「IBM」によれば、15秒で40万件の論文を参照可能です。

この度の診断にかかった時間はたったの10分。同研究所の宮野悟教授はこうコメントしました。

「1人の医師がすべての膨大な医療情報を把握するには限界があり、情報を蓄積してみずから学習する人工知能の活用は、医療の世界を変える可能性を秘めている」。

こういった先進医療が実際に利用できるようになるのは何年も後ーーというイメージがあるのも事実。ところが、国内だけで数えても、すでに41名の患者が、同様に診断の難しいとされるがんの特定に至っているというから驚きます。

世界の医療は、
人工知能で変わる?

日経デジタルヘルス」には同様の取り組みが紹介されています。うつ病や認知症などの精神疾患への対策として、ワトソンが応用されているようです。ここで重要視されているのは、カルテの情報に含まれている“個人差”。

「桶狭間病院藤田こころケアセンター」では、膨大なデータから入院長期化や再発に影響する因子をワトソンで抽出、データベース化しました。

この研究によって長期入院する患者の数は減少。パターンに患者を当てはめるのではなく、より個人に合わせた対応ができるようになるとも言われています。

先生に聞きづらいときは、
ワトソンに質問!

さらに、人工知能が秘めている力は、データを用いた素早い判断だけに留まりません。たとえば、医師の代わりに患者の質問に答える役割だって担えるのです。

FT.com」によれば、イギリスにあるオルダーズ・ヘイ小児医院では、自分の病気や治療に関する質問がすべてデバイスからできるようになっており、人工知能が答えを導き出してくれるそうです。

これによって、何らかの理由で先生に聞きたくても聞けない子どもたちが、病気や治療について抱えている疑問を解消できるようになりました。

大統領選に、
人工知能が立候補?

こうして、実際に使われているケースだけを見ても、ワトソンはいろいろなことに応用できます。なかには人工知能を大統領にしようというプロジェクト「Watson for President 2016」があるくらい。

まだまだできたばかりの技術ではあれど、その情報処理能力は人間の比ではありません。専門家からは、“偏見や不完全な情報を使わずに決断できるようになる”との意見もあり、様々な視点から物事を捉え、最も良い決断ができるだろうと考えられています。その判断力は、先に紹介したがんの診断に現れているでしょうか。

ワトソンはあくまで人間の判断をより速く正確にするサポーターの役割を担っていますが、政界で活躍して欲しいという声があがるのも、無理もない話しかもしれませんね。

関連する記事

2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
若い女性のエンパワーメントやジェンダー平等を推進してきたイギリスの女優エマ・ワトソンが、職場でセクハラ被害に遭う女性たちのために法的アドバイスを提供する無...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...