ドイツ発「頼れるロボット」が登場!蟻のように、仲間と共同作業

ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!

最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネットなしで通信を行うことができ、自発的に、ロボット同士で共同作業をすることが可能だ。
この「バイオニックアンツ(BionicANTs)」は、将来的に工場作業などで活躍することが期待されている新たなロボットだ。見た目のインパクトもさることながら、もちろん機能面でも目をみはるものがある。

Bionic Ants Could Make Up our Future WorkforceEngineering company Festo has developed artificial ants that communicate with each other and coordinate actions in tandem.Learn more: http://www.psfk.com/2015/03/bionic-ants-hannover-messe-bionicants-festo-future-of-work.html

Posted by PSFK on Wednesday, 1 April 2015

状況を判断して
共同作業できるロボット

85singo_スクリーンショット 2015-06-15 13.42.02

蟻は社会生活をする昆虫だ。その機能や行動を忠実に再現したロボットは、周囲にあるものや状況を認識し、自発的に行動の微調整を行うことができることに加えて、ローカルネットワーク(無線のようなもの)を通じて、他のロボットとコミュニケーションをとることもできるという。

「バイオニックアンツ」は、眼の部分に埋め込まれた2つのカメラで周囲を視認し、腹部に埋め込まれたセンサーによって周囲の状況や自分の位置を分析・把握する。その上で、グリップのある腕やはさみによって物を掴むこともでき、複雑な作業も複数でコミュニケーションを取りながらこなす。

85singo_スクリーンショット 2015-06-15 13.42.21

開発に携わった Dr. Heinrich Frontzek氏は、今後投資を受けて人工知能を強化し、より高い精度でコントロールできるようにしたいと語っている。

「バイオニックアンツは、とてもクリアなルールのもとに統制された共同作業を行うことができる。お互いにコミュニケーションを取りながら、協力してアクションに起こすことができる。それぞれの“蟻”が自発的に決断を下すことができるので、さまざまなタスクを任せられるのが特徴だ」

さらに、バッテリーの残量を考慮し、壁に設置された金属板に触覚を当て、自分で充電までを行う。現在は比較的単純な作業を可能としているが、Frontzek氏の言うように、今後システムを発展させることで、よりコミュニケーションロスのない高度な作業も可能となるはずだ。

工業用ロボットに関するニュースには、驚かされるものが多いが、「バイオニックアンツ」は、“自発的”“共同作業”というふたつの側面から、新しい可能性を感じさせてくれる。

Reference:BionicANTs
Licensed material used with permission by PSFK

そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...