「駐車場から人が消える日も近い」という話

渋滞を乗りこえ、やっと目的地に到着!と思ったら、駐車場の空きがない。もう着いてるのにイライラ。こんな経験、誰しも身に覚えがあるのでは?

実は今、そんな私たちのためにパーキングの全てを引き受けてくれるロボが話題。フランスの「Stanley Robotics」が開発したこの「Stan」は、なんともう一部の空港で使われ始めているんですよ。

安心・安全・正確に
全ての行程がオートモード

665870f432de61812bc9c0518dc165186793f5d4

ビジュアルはこちら。一見シンプルですが、その機能は最新版。

まず、車体の下に台を滑り込ませ、車輪を優しく挟んで持ち上げることで、車を移動させます。様々なタイプ・サイズの車に対応しており、長さ最大6mの車まで運送可能。

Ef506c36b96883f66d6868a938416db1bf8e683d

次に、搭載されたセンサーで周囲の状況を把握しつつ駐車場内を移動。人工知能によって、読み取った車の大きさと周囲の空きスペースを照らし合わせます。ぴったりの場所を見つけたら、細心の注意を払って正確に駐車。

狭いスペースに駐めるのが苦手な人でも、「Stan」に任せれば車が傷つく心配もナシ。

79adcc98fd215099f407e4bb2efa38f8ca5996fc

アプリで予約
入り口で全員降車

90abb52cd2505386d3b104cab90580e066155162

サービスを使うには、専用アプリからの予約が必要。当日駐車場に来たら、入り口付近の「待ち合わせスポット」に車を駐め、ドライバーを含め全員が下車します。鍵もしっかりかけること。そして、設置されたパネルにユーザー情報を入力。

あとは自動で迎えに来てくれるので、もう駐車場を離れて大丈夫です。完全に無人のサービスなので、車の中を見られたりすることもありません。

さらに驚きなのが、帰りの便を入力しておけば「Stan」が車を出しておいてくれるということ。ちょうどいい時刻に元の「待ち合わせスポット」まで安全に運んで来てくれるのです。「自動で駐められるとどこに車があるかわからないもでは?」という懸念もこれで解消。

741b0c9c8ce072340d0d06eb385cc281a8a2fd5c

海外のいくつかの空港では既に導入されているというこのロボット。空港以外での実用化が進んでも、アプリと連携していれば同じ仕組みで時間指定ができるようになるかもしれません。そのうち駐車場が完全に無人になり、ロボットだけが働いている光景を目にすることに?

Licensed material used with permission by Stanley Robotics
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
駐車ラインを一切無視した迷惑駐車が、2台分のスペースを占領していて停められない…。なんて困ったことはありませんか?たとえば、こんな感じに。駐車ラインをはみ...
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
米造形作家による作品です。
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
2017年9月12日、イタリアのピサにあるベルディ劇場にちょっとした異変が起きた。劇場は、イタリア人のテノール歌手Andrea Bocelliの美声に包ま...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...