マイナス0歳の記念「刺繍」

ある日、おなかの中に新しい命が芽生えていることに気づいた女性。

この日から今まで見ていた景色が変わった。妊娠中、彼女はエコー写真をいつも持ち歩き、幸せにあふれた時間を噛み締めながら過ごしていた。

その素晴らしい時間を、彼女はある方法で記すことを思いつく。
それが、この「ベイビーエコー刺繍」。
彼女はそれを喜びの報告として、周囲にもシェアした。

写真にはない
やさしいぬくもり

527197833632153647600125974937605205528481366016

これは、ドイツはミュンヘンに住むママ刺繍アーティストVeselka Bulkanさんのストーリー。

ひと針ひと針想いを込めて紡がれたこの刺繍に、写真にはないぬくもりが感じられる。

このアイデアに共感した世界中のママたちから依頼を受け、彼女たちのエコー写真をもとに刺繍づくりも行なっているVeselkaさん。が、残念なことに、1つあたり2〜4週間ほどの時間を要するため、数ヶ月先まで予約が埋まっており、現在は依頼を受け付けていないそう。気になる人は、最新情報を得られる彼女のメールリストに登録しておきたいところ。

家族や友人ママへのお祝いとして、プレゼントしたいなぁ。

5751088783294464

飾り棚に「マイナス0歳のキミ」が仲間入り。

6511053047332864

ちょうど0歳。はじめまして。

6740688037216256

一年前は、こんな風にお腹の中にいたんだよ。

6177738083794944

アルバムと一緒に、いつまでも色褪せない刺繍を大切にするね。

Licensed material used with permission by Veselka Bulkan, Instagram
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
今年、2度目となるMUTEK Japanは、会場を日本科学未来館へと移してパワーアップされる模様。今回、会場全体のサウンドプロデュースを手がける瀬戸勝之さ...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?
アメリカとイギリスの合同研究チームが、人類史上初めてイルカが超音波を使って物体を捉えている証拠を視覚化することに成功しました。彼らが捉えている人間の姿、こ...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
「Sonic Soak」は「ほぼ全て」の物体を洗うことができる洗浄機。iPhoneよりも小さくて軽く、持ち運びも簡単。容器の型トォしていないので、手洗いし...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...