植物が根をはるように「針を刺す」と、生命力が溢れ出す。

土から芽を出して、ぐんぐんと天に向かって伸びていく植物。地に根を下ろして、静かに育ち続けます。

この写真は、木が生い茂る自然の中で、目を閉じている時の感覚に似ているのかもしれません。じっと眺めていると、ささやくように小さな小さな「命の声」が聞こえてきそうだから。そっと、耳をすませて、眺めてみましょう。

「感情」の花が芽吹く

「やさしい気持ち」を縫う

どこか、人の感情に触れたような、温もりのある写真。フォトグラファーAline Brantさんは、リオデジャネイロ州の田舎で自然に囲まれながら育ちました。小さな頃から、力強く生きる緑を感じていたためか、写真からはいきいきとした生命力を感じます。

じっくりと時間をかけて、ひと針ひと針に思いを込めるように縫われた作品。眺めていると、なんだか生きる力が湧いてくるようです。

Licensed material used with permission by Aline Brant
他の記事を見る
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
岩が作り出す大迫力な絶景で有名な、世界遺産グランドキャニオン。まるで命あるかのように激しく移りゆく空を撮影した映像をご紹介。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
人の感情を高める作品を作りたい。そう考えたウクライナのアーティストEllen Rococoさんがモチーフに選んだのは子宮。生命力やエネルギーといったイメー...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
植物を成長させていく上で必要なことは、成長段階に合わせて鉢を大きくしてあげること。根が伸び、茎が太くなり、葉っぱがどんどん大きくなっていきます。つまり植え...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
「包容力がある男性が好き」という女性は多いもの。包容力のある男性は、何も話さなくても、身体全体から醸し出される雰囲気により、とても安心した気持ちになれるも...