植物と人が融合して、「新たな花」として生まれ変わる。

大輪のバラのように華やかな存在ではないけど、道端にひっそりと咲く花々を見て、内に秘めた美しさを感じたことがあります。

写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducは、植物と人を融合させた作品を生み出しました。一輪の花のように咲く男女は、人の中に眠る「繊細な強さ」を解放したよう。

目覚める生命力

Licensed material used with permission by Isabelle Chapuis
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
3月14日(土)にオープン予定の「HANA・BIYORI」に「スターバックス」が出店。これまでにない「スタバ」になるとのことだが......。
土から芽を出して、ぐんぐんと天に向かって伸びていく植物。地に根を下ろして、静かに育ち続けます。この写真は、木が生い茂る自然の中で、目を閉じている時の感覚に...
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
「Afternoon Tea LIVING」と「STANLEY」の初のコラボレーションアイテムとなる春色のピンクカラーを纏った限定色の真空マグが4月10日...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...