廃墟を育てる楽しみかた

たまに田舎で見かける「誰も住んでいないんだろうな」と感じる、冷たい雰囲気の建物。時の経過とともに、壁や天井にどんどん緑が生い茂っていきます。まるで植物が新しい暮らしをはじめたように思えて、こうなると、どこかあたたかさを感じてしまいます。

そんな気持ちを自宅で楽しめるプランターを見つけました。

植物の成長とともに
くたびれていく時間を楽しむ

建物の壁や床などの建築材料として使われるモルタルを素材とした<Motif>のプランター。

雨風にさらされて建物が朽ちてくるほど、絶妙な風合いの質感になっていきます。相反するように植物は芽吹き、そこにあたたかい印象を与えてくれます。

老朽化していくものと、新しく育っていくもの。同時にどちらも楽しめるのも、このプランターだからこそですね。

Licensed material used with permission by Pull Push Products.
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。