薄暗〜いリビングも「枯れない植物」で明るくデコレイト

「暮らしに緑を。」
よく聞くフレーズではあるけれど、たしかに植物とふれあうと、心が癒される。

部屋に大きな観葉植物を置くのはむずかしいから、こんなクラフトで「緑」のある生活を送りたい。

枯れない緑
「ペーパープランツ」

ロシア人ペーパーアーティストのlissovaさんによる、紙でできた観葉植物。

ひと言で「植物」といっても種類によって形はさまざま。その個性的なフォルムと、青々と育つ姿を繊細に表現しています。

 

モンテスラとサンスベリア、そしてチューリップ

丸っこくて、愛くるしいサボテンたち

このもっさり感、本物みたい
手前のユーカリは、葉の形が一枚一枚違ってる。手が込んでるなあ

突然一枚だけ枯葉になっちゃうこと、よくあるよね

ずらりと並べて「プチガーデニング」

 

陽の当たらない室内で、いやさらにその室内にあるテーブルの上で、こんな「緑の色褪せない植物」を育ててみたいな。

lissovaさんの作品はここで買えるみたい。

Licensed material used with permission by @lissova_craft
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
「THE NORTH FACE」のキャンペーン「#SHEMOVESMOUNTAINS」のトークセッションは渋谷「THE CORNER」にて。北川道子(スタ...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。