植物に水をあげると、色が変化する不思議なポットカバー

私は会社で植物のお世話係をしています。最初はそんなに植物に興味がなかったのですが少しずつ成長が楽しみになり、自宅のベランダでもお花を育てるまでに。

せっかくだから可愛い鉢が欲しいなと思っていた時に、見つけたんです。水やりすると、どんどん色が変化していく不思議なポットカバーを。

水がなければ
ただのポットカバー

4769753851756544

ぱっと見た印象はシンプルなデザイン。大事なことなので先に伝えておきますね。これ、素材は「紙」で出来ています。

4894129662197760

受け皿に水がたまるくらい入れます。

5967061448654848

底部に印刷された細かい点は、特殊な水性インク。

4870142907383808

受け皿の水を少しずつ吸い上げて……あ、色が!

この後の変化は、ぜひ自分の目で!

これは、デザイナー原田祐馬さんの『CMY/POT』というプロダクト。紙を印刷、加工する可能性を追求する福永紙工株式会社と協働で製作したものだそう。

6605604168663040

小さい頃、学校から持ち帰った絵が雨に濡れたり、ノートに飲み物をこぼしたり、いつの間にか「染み込むこと」が、私の中でマイナスに感じるようになっていました。でも、その性質をプラスにとらえたこのプロダクトを見ていたら、イメージが一変。紙の可能性に心を奪われました。

ほかにも様々なアイデアで変化していく紙の姿、こちらから覗きにいってみて。

Licensed material used with permission by 福永紙工ネットショップ「かみぐ」
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
なにが違うか、わかりますか?
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
〈アンシャンテ・ジャポン〉の「南部鉄器カラーポット」。フランスをはじめとして、海外で人気が高いそうです。無骨なイメージのある南部鉄器をカラフルに仕上げてい...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...