植物に水をあげると、色が変化する不思議なポットカバー

私は会社で植物のお世話係をしています。最初はそんなに植物に興味がなかったのですが少しずつ成長が楽しみになり、自宅のベランダでもお花を育てるまでに。

せっかくだから可愛い鉢が欲しいなと思っていた時に、見つけたんです。水やりすると、どんどん色が変化していく不思議なポットカバーを。

水がなければ
ただのポットカバー

ぱっと見た印象はシンプルなデザイン。大事なことなので先に伝えておきますね。これ、素材は「紙」で出来ています。

受け皿に水がたまるくらい入れます。

底部に印刷された細かい点は、特殊な水性インク。

受け皿の水を少しずつ吸い上げて……あ、色が!

この後の変化は、ぜひ自分の目で!

これは、デザイナー原田祐馬さんの『CMY/POT』というプロダクト。紙を印刷、加工する可能性を追求する福永紙工株式会社と協働で製作したものだそう。

小さい頃、学校から持ち帰った絵が雨に濡れたり、ノートに飲み物をこぼしたり、いつの間にか「染み込むこと」が、私の中でマイナスに感じるようになっていました。でも、その性質をプラスにとらえたこのプロダクトを見ていたら、イメージが一変。紙の可能性に心を奪われました。

ほかにも様々なアイデアで変化していく紙の姿、こちらから覗きにいってみて。

Licensed material used with permission by 福永紙工ネットショップ「かみぐ」
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
なにが違うか、わかりますか?
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
1月29日、バーチャルギャル「葵プリズム」がタレントのりゅうちぇるをプロデュースしたビジュアルが、インスタマガジン「ENBAN TOKYO」の企画にて発表...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
ワシントン州に位置するキング郡の地方選挙にて、全米初となるスマートフォンを使った投票が実施。
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
「Biopack」は、誰もが簡単にゴミの排出量の削減をできるように設計されたパッケージです。ギリシャ生まれのデザイナーGeorge Bosnasさんが手が...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
環境に配慮した取り組みを続けている世界第2位の食品会社「ペプシコ」が、年内にアメリカの拠点のすべてを再生可能エネルギーのみで稼働させると発表。既にヨーロッ...
2010年より始まった各州及び海外領土の記念硬貨を発行するプログラム「アメリカ・ザ・ビューティフル」の一環で発行される同硬貨。今回はアメリカ領サモアにある...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...