本格チキンレモンクリームパスタは「短時間&鍋ひとつ」が重要!

クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。
だけど、今回「Food52」のLindsay Maitland Huntさんが紹介するパスタは、ハーブとレモンでさっぱりめ。
クリームベースなのに軽めな口あたりで、夏バテしててもペロリといけちゃいます。

さらには唐辛子を入れるから、ちょっぴりスパイシー。
もちろん辛いのが苦手であれば抜いてもOKです。クリーム系が好きな男子も女子も、普段あまり食べない人も、大満足してくれるはず。

そして、このパスタも、ワンポットで仕上げます!ラクチン〜。

ワンポットでつくる
「スパイシー&クリーミー チキンパスタ」

5894471132643328
© 2018 James Ransom

全粒粉/全麦パスタを使うとき、上質なものを選べば味も一変(ちなみに私はSfogliniやRustichella d'Abruzzoが好き)。このレシピではかなりの量のハーブを刻まないといけませんが、ハーブを多めにすると、ソースの濃さ(脂っぽさ)をうまく中和してくれます。もしパセリとバジルだけでも、1/2カップ分は簡単に刻めますよね。

※このレシピはこちらにも取り上げられています。

材料:4人分

無塩バター:大さじ2

シャロット(細切り):大2個

アレッポ唐辛子もしくは唐辛子フレーク(砕いたもの):小さじ1

コーシャーソルト:小さじ2

黒胡椒(挽いたもの):小さじ1

全粒粉パスタ:340g(ペンネ、リガトーニ、マカロニがおすすめ)

鶏がらスープもしくは水:4カップ(960ml)

鶏肉:390g(2カップ)

ヘビークリーム:1/4カップ(60ml)

オレガノ、パセリ、セージ、バジルなどのハーブ(細かく刻む):1/2カップ

レモン果汁:大さじ2

レモンの皮からとった果汁:小さじ1

作り方

【1】大きなダッチオーブンを中火にかけて、バターを溶かしたら、シャロット、アレッポ唐辛子(もしくは砕いた唐辛子)、塩、黒胡椒を入れる。シャロットがしんなりして黄金色になるまで、5〜8分ほど火にかける。

【2】そこにパスタと鶏がらスープ(もしくは水)を入れ、ふたをかぶせて沸かす。湧いたらふたを外して、よく混ぜる。パスタが底にくっつかないよう注意しながら、パスタがやわらかくなるまで8〜12分茹でる(使うパスタブランドによって茹で時間は要調整)。そこに鶏肉とクリームを足して、火が通るまで1〜2分待つ。それからハーブ、レモン果汁、レモンの皮から絞り出した果汁を入れる。

【3】熱いうちに召し上がれ。盛り付ける際には、ハーブとアレッポ唐辛子をさらにプラスして。

Top photo: © 2018 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
〈savex(サベックス)〉のリップクリームは、ストック買いにオススメ。まず値段が安い。自分は1つ110円で買いました。最近国内では店頭販売で取り扱いがな...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
"アニメ『魔法の天使 クリィミーマミ』に「魔法のステッキ」をそのまま小さくしたようなリップクリーム。実際のステッキと同じようにハートモチーフがくるくる回る...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
「クリームシチュー系男子」という言葉を聞いたことがありますか? 強さと優しさの両方を兼ね備えた魅力あふれる男子を意味しています。ここでは、彼らの具体的な項...