本格チキンレモンクリームパスタは「短時間&鍋ひとつ」が重要!

クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。
だけど、今回「Food52」のLindsay Maitland Huntさんが紹介するパスタは、ハーブとレモンでさっぱりめ。
クリームベースなのに軽めな口あたりで、夏バテしててもペロリといけちゃいます。

さらには唐辛子を入れるから、ちょっぴりスパイシー。
もちろん辛いのが苦手であれば抜いてもOKです。クリーム系が好きな男子も女子も、普段あまり食べない人も、大満足してくれるはず。

そして、このパスタも、ワンポットで仕上げます!ラクチン〜。

ワンポットでつくる
「スパイシー&クリーミー チキンパスタ」

© 2018 James Ransom

全粒粉/全麦パスタを使うとき、上質なものを選べば味も一変(ちなみに私はSfogliniやRustichella d'Abruzzoが好き)。このレシピではかなりの量のハーブを刻まないといけませんが、ハーブを多めにすると、ソースの濃さ(脂っぽさ)をうまく中和してくれます。もしパセリとバジルだけでも、1/2カップ分は簡単に刻めますよね。

※このレシピはこちらにも取り上げられています。

材料:4人分

無塩バター:大さじ2

シャロット(細切り):大2個

アレッポ唐辛子もしくは唐辛子フレーク(砕いたもの):小さじ1

コーシャーソルト:小さじ2

黒胡椒(挽いたもの):小さじ1

全粒粉パスタ:340g(ペンネ、リガトーニ、マカロニがおすすめ)

鶏がらスープもしくは水:4カップ(960ml)

鶏肉:390g(2カップ)

ヘビークリーム:1/4カップ(60ml)

オレガノ、パセリ、セージ、バジルなどのハーブ(細かく刻む):1/2カップ

レモン果汁:大さじ2

レモンの皮からとった果汁:小さじ1

作り方

【1】大きなダッチオーブンを中火にかけて、バターを溶かしたら、シャロット、アレッポ唐辛子(もしくは砕いた唐辛子)、塩、黒胡椒を入れる。シャロットがしんなりして黄金色になるまで、5〜8分ほど火にかける。

【2】そこにパスタと鶏がらスープ(もしくは水)を入れ、ふたをかぶせて沸かす。湧いたらふたを外して、よく混ぜる。パスタが底にくっつかないよう注意しながら、パスタがやわらかくなるまで8〜12分茹でる(使うパスタブランドによって茹で時間は要調整)。そこに鶏肉とクリームを足して、火が通るまで1〜2分待つ。それからハーブ、レモン果汁、レモンの皮から絞り出した果汁を入れる。

【3】熱いうちに召し上がれ。盛り付ける際には、ハーブとアレッポ唐辛子をさらにプラスして。

Top photo: © 2018 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
完全栄養食を開発・販売する「BASE FOOD」と共同開発した完全栄養パスタ「ミートクリームソース BASE PASTA」。全国の店舗で展開中。
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
今回は渋谷にある「Moja in the House(モジャインザハウス)」。ワッフルの上にチキンが乗ってるワッフルチキン・アメリカンソウルフードを食べて...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
ホワイトボックスから登場するチキン。美味そうではないけれど、ラグジュアリーな雰囲気ではあります(苦笑)。
渋谷宮益坂下にオープンした「東京たらこスパゲティ」。新しい次元で和食とパスタをクロスオーバーさせた「進化系たらこスパ」専門店。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けBBクリ...
グルメ激戦区、大阪は福島区で行列店として知られるチキン南蛮専門店が、卵本来の味を活かしながら絶妙に大き目の具材をブレンドした特製のタルタルソースをご自宅用...