超簡単「リコッタチーズ」の作り方。おうちパスタがお店の味に!

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは西麻布のイタリアン「オステリア・トット」オーナーシェフ根本岳さん。

さあ、一緒に作ってみませんか?

根本岳(ねもとたけし)

osteria-totto(オステリア・トット)オーナーシェフ。都内の調理師学校卒業後、広尾「エノテカ」入社。2001年、西麻布「オステリア・ダ・ヴィンチ」に入店。イタリア人オーナーのレオナルド・ヴァレオ氏より本格的なイタリア郷土料理を中心に、イタリア料理の基礎を約4年間学ぶ。「リストランテ・ラ・ジョコンダ」で2005年より料理長を務め、2010年1月19日「osteria・totto」独立開業。

自家製リコッタチーズで
「おうちパスタ」はかくも楽しき

じつは今回、調理だけでなく、撮影もすべて引き受けてくださった根本さん(感謝)。教えてくれたのは、牛乳からつくるリコッタチーズです。やわらかで口当たりがよく、ミルクの自然な甘さが残っています。これを使ってつくる料理教室でも人気のパスタを惜しみなく3つも届けてくれました! 

まずはリコッタチーズづくりから。「チーズなんて難しそう…」いえいえ、驚くほどかんたん。30分もあればできちゃいますよ!

©osteria-totto

<材料>

・牛乳:1000ml
・ヨーグルト:300g
・生クリーム:200cc
・白ワインビネガー:小さじ1
・塩:ひとつまみ
・砂糖:ひとつまみ

<つくりかた>

©osteria-totto

① ボウルにヨーグルト、生クリーム、白ワインビネガーを入れ、よく混ぜ合わせておく。

② 鍋に牛乳と塩、砂糖を入れて中火にかける。

©osteria-totto

③ 熱くなった①に②を入れて中火にかけ、チーズのかたまりが表面に浮いてきたら、あみ杓子などでザルにあげる。

©osteria-totto

④ザルでこして水気を切り、粗熱が取れたらできあがり。


さあ、基本のリコッタチーズはこれで完成。

このままオリーブオイルやハチミツをかけて食べても十分おいしいのですが、できたてのリコッタチーズを使ったとびきりおいしいパスタ3種のご紹介!(材料はどれも2名分で表記しています)

ミニトマトとバジルと
リコッタチーズのスパゲッティ

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g(乾麺、できればブロンズダイス)
・ミニトマト:15個くらい
・バジルの葉:6〜7枚
・リコッタチーズ:50g
・パルミジャーノパウダー:10g
・オリーブオイル:少々
・塩:少々
・コショウ:少々

<つくりかた>

① ボウルにミニトマトを4つ割にカットし、バジルの葉を適当な大きさにちぎり、ほぐしたリコッタチーズを入れる。塩、コショウ、オリーブオイルを入れてかるく混ぜておく。

② たっぷりのお湯に約1%の塩を入れ、スパゲッティをちょうどいいくらいの硬さに茹で、茹で上がったら水気を切って①のボウルに移す。

③ パルミジャーノパウダー、オリーブオイルを適量ふり、手早くスパゲッティとよくからめてから皿に盛る。最後にリコッタチーズ、バジルの葉をちらしてできあがり。

竹の子とアンチョビと
リコッタチーズのスパゲッティレモン風味

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g
・竹の子:100g(水煮でもOK)
・アンチョビ:5本
・リコッタチーズ:30g
・ニンニク:1片
・レモン汁:少々
・レモンの皮:少々(みじん切り)
・イタリアンパセリ:適量(みじん切り)
・オリーブオイル:少々
・塩:少々

<つくりかた>

① ニンニクをオリーブオイルで色をつけ、細かく刻んだアンチョビ、スライスした竹の子を軽く炒めてパスタの茹で汁を70cc入れて軽く煮る。リコッタチーズとレモン汁を入れる。

② 茹でたスパゲッティをソースとからめて、仕上げにオリーブオイル、刻んだイタリアンパセリ、刻んだレモンの皮をのせて完成。

マッシュルームとパンチェッタと
リコッタチーズのペンネ

©osteria-totto

<材料>

・ペンネ:180g
・ブラウンマッシュルーム:約10個
・パンチェッタ:50g
・リコッタチーズ:50g
・玉ねぎ:中サイズ1/6個くらい
・ニンニク:1片
・パルミジャーノパウダー:10g
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:適量
・塩:少々

<つくりかた>

① にんにく1片をオリーブオイルで色つけし、玉ねぎのみじん切りを炒めて、スライスしたブラウンマッシュルームとカットしたパンチェッタをじっくり炒める。ペンネの茹で汁70ccを加えて軽く煮込み、リコッタチーズを入れる。

② 茹でたペンネをソースとからめ、パルミジャーノパウダーとみじん切りしたイタリアンパセリ、コショウを和えたらできあがり。

テイクアウト&デリバリー
自宅で楽しめるコースセットも!

現在、短縮営業を続ける「osteria-totto」ですが、テイクアウト&デリバリーメニューも充実!

自宅でトットのコースを楽しめる「Stay Home Set」をはじめ、「Boxメニュー」「単品パスタとアラカルトメニュー」など、デリバリーにも対応。(配送地域を確認ください)また、瓶詰めのオリジナルパスタソースはギフトとしても活用できそう。

おうちでトットを楽しんでみては?

©osteria-totto

「osteria-totto」

http://osteria-totto.jp/

 

Top image: © osteria-totto
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
通訳付きのため、英語が苦手で海外のオンラインサービスをこれまで利用できなかった人でも安心して受講できるオンラインヨガイベントが、8月8日~16日に開催され...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
完全栄養食を開発・販売する「BASE FOOD」と共同開発した完全栄養パスタ「ミートクリームソース BASE PASTA」。全国の店舗で展開中。
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...