超簡単「リコッタチーズ」の作り方。おうちパスタがお店の味に!

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは西麻布のイタリアン「オステリア・トット」オーナーシェフ根本岳さん。

さあ、一緒に作ってみませんか?

根本岳(ねもとたけし)

osteria-totto(オステリア・トット)オーナーシェフ。都内の調理師学校卒業後、広尾「エノテカ」入社。2001年、西麻布「オステリア・ダ・ヴィンチ」に入店。イタリア人オーナーのレオナルド・ヴァレオ氏より本格的なイタリア郷土料理を中心に、イタリア料理の基礎を約4年間学ぶ。「リストランテ・ラ・ジョコンダ」で2005年より料理長を務め、2010年1月19日「osteria・totto」独立開業。

自家製リコッタチーズで
「おうちパスタ」はかくも楽しき

じつは今回、調理だけでなく、撮影もすべて引き受けてくださった根本さん(感謝)。教えてくれたのは、牛乳からつくるリコッタチーズです。やわらかで口当たりがよく、ミルクの自然な甘さが残っています。これを使ってつくる料理教室でも人気のパスタを惜しみなく3つも届けてくれました! 

まずはリコッタチーズづくりから。「チーズなんて難しそう…」いえいえ、驚くほどかんたん。30分もあればできちゃいますよ!

©osteria-totto

<材料>

・牛乳:1000ml
・ヨーグルト:300g
・生クリーム:200cc
・白ワインビネガー:小さじ1
・塩:ひとつまみ
・砂糖:ひとつまみ

<つくりかた>

©osteria-totto

① ボウルにヨーグルト、生クリーム、白ワインビネガーを入れ、よく混ぜ合わせておく。

② 鍋に牛乳と塩、砂糖を入れて中火にかける。

©osteria-totto

③ 熱くなった①に②を入れて中火にかけ、チーズのかたまりが表面に浮いてきたら、あみ杓子などでザルにあげる。

©osteria-totto

④ザルでこして水気を切り、粗熱が取れたらできあがり。


さあ、基本のリコッタチーズはこれで完成。

このままオリーブオイルやハチミツをかけて食べても十分おいしいのですが、できたてのリコッタチーズを使ったとびきりおいしいパスタ3種のご紹介!(材料はどれも2名分で表記しています)

ミニトマトとバジルと
リコッタチーズのスパゲッティ

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g(乾麺、できればブロンズダイス)
・ミニトマト:15個くらい
・バジルの葉:6〜7枚
・リコッタチーズ:50g
・パルミジャーノパウダー:10g
・オリーブオイル:少々
・塩:少々
・コショウ:少々

<つくりかた>

① ボウルにミニトマトを4つ割にカットし、バジルの葉を適当な大きさにちぎり、ほぐしたリコッタチーズを入れる。塩、コショウ、オリーブオイルを入れてかるく混ぜておく。

② たっぷりのお湯に約1%の塩を入れ、スパゲッティをちょうどいいくらいの硬さに茹で、茹で上がったら水気を切って①のボウルに移す。

③ パルミジャーノパウダー、オリーブオイルを適量ふり、手早くスパゲッティとよくからめてから皿に盛る。最後にリコッタチーズ、バジルの葉をちらしてできあがり。

竹の子とアンチョビと
リコッタチーズのスパゲッティレモン風味

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g
・竹の子:100g(水煮でもOK)
・アンチョビ:5本
・リコッタチーズ:30g
・ニンニク:1片
・レモン汁:少々
・レモンの皮:少々(みじん切り)
・イタリアンパセリ:適量(みじん切り)
・オリーブオイル:少々
・塩:少々

<つくりかた>

① ニンニクをオリーブオイルで色をつけ、細かく刻んだアンチョビ、スライスした竹の子を軽く炒めてパスタの茹で汁を70cc入れて軽く煮る。リコッタチーズとレモン汁を入れる。

② 茹でたスパゲッティをソースとからめて、仕上げにオリーブオイル、刻んだイタリアンパセリ、刻んだレモンの皮をのせて完成。

マッシュルームとパンチェッタと
リコッタチーズのペンネ

©osteria-totto

<材料>

・ペンネ:180g
・ブラウンマッシュルーム:約10個
・パンチェッタ:50g
・リコッタチーズ:50g
・玉ねぎ:中サイズ1/6個くらい
・ニンニク:1片
・パルミジャーノパウダー:10g
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:適量
・塩:少々

<つくりかた>

① にんにく1片をオリーブオイルで色つけし、玉ねぎのみじん切りを炒めて、スライスしたブラウンマッシュルームとカットしたパンチェッタをじっくり炒める。ペンネの茹で汁70ccを加えて軽く煮込み、リコッタチーズを入れる。

② 茹でたペンネをソースとからめ、パルミジャーノパウダーとみじん切りしたイタリアンパセリ、コショウを和えたらできあがり。

テイクアウト&デリバリー
自宅で楽しめるコースセットも!

現在、短縮営業を続ける「osteria-totto」ですが、テイクアウト&デリバリーメニューも充実!

自宅でトットのコースを楽しめる「Stay Home Set」をはじめ、「Boxメニュー」「単品パスタとアラカルトメニュー」など、デリバリーにも対応。(配送地域を確認ください)また、瓶詰めのオリジナルパスタソースはギフトとしても活用できそう。

おうちでトットを楽しんでみては?

©osteria-totto

「osteria-totto」

http://osteria-totto.jp/

 

Top image: © osteria-totto
人気店が教える「絶品レシピ」

関連する記事

いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...