超簡単「リコッタチーズ」の作り方。おうちパスタがお店の味に!

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは西麻布のイタリアン「オステリア・トット」オーナーシェフ根本岳さん。

さあ、一緒に作ってみませんか?

根本岳(ねもとたけし)

osteria-totto(オステリア・トット)オーナーシェフ。都内の調理師学校卒業後、広尾「エノテカ」入社。2001年、西麻布「オステリア・ダ・ヴィンチ」に入店。イタリア人オーナーのレオナルド・ヴァレオ氏より本格的なイタリア郷土料理を中心に、イタリア料理の基礎を約4年間学ぶ。「リストランテ・ラ・ジョコンダ」で2005年より料理長を務め、2010年1月19日「osteria・totto」独立開業。

自家製リコッタチーズで
「おうちパスタ」はかくも楽しき

じつは今回、調理だけでなく、撮影もすべて引き受けてくださった根本さん(感謝)。教えてくれたのは、牛乳からつくるリコッタチーズです。やわらかで口当たりがよく、ミルクの自然な甘さが残っています。これを使ってつくる料理教室でも人気のパスタを惜しみなく3つも届けてくれました! 

まずはリコッタチーズづくりから。「チーズなんて難しそう…」いえいえ、驚くほどかんたん。30分もあればできちゃいますよ!

©osteria-totto

<材料>

・牛乳:1000ml
・ヨーグルト:300g
・生クリーム:200cc
・白ワインビネガー:小さじ1
・塩:ひとつまみ
・砂糖:ひとつまみ

<つくりかた>

©osteria-totto

① ボウルにヨーグルト、生クリーム、白ワインビネガーを入れ、よく混ぜ合わせておく。

② 鍋に牛乳と塩、砂糖を入れて中火にかける。

©osteria-totto

③ 熱くなった①に②を入れて中火にかけ、チーズのかたまりが表面に浮いてきたら、あみ杓子などでザルにあげる。

©osteria-totto

④ザルでこして水気を切り、粗熱が取れたらできあがり。


さあ、基本のリコッタチーズはこれで完成。

このままオリーブオイルやハチミツをかけて食べても十分おいしいのですが、できたてのリコッタチーズを使ったとびきりおいしいパスタ3種のご紹介!(材料はどれも2名分で表記しています)

ミニトマトとバジルと
リコッタチーズのスパゲッティ

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g(乾麺、できればブロンズダイス)
・ミニトマト:15個くらい
・バジルの葉:6〜7枚
・リコッタチーズ:50g
・パルミジャーノパウダー:10g
・オリーブオイル:少々
・塩:少々
・コショウ:少々

<つくりかた>

① ボウルにミニトマトを4つ割にカットし、バジルの葉を適当な大きさにちぎり、ほぐしたリコッタチーズを入れる。塩、コショウ、オリーブオイルを入れてかるく混ぜておく。

② たっぷりのお湯に約1%の塩を入れ、スパゲッティをちょうどいいくらいの硬さに茹で、茹で上がったら水気を切って①のボウルに移す。

③ パルミジャーノパウダー、オリーブオイルを適量ふり、手早くスパゲッティとよくからめてから皿に盛る。最後にリコッタチーズ、バジルの葉をちらしてできあがり。

竹の子とアンチョビと
リコッタチーズのスパゲッティレモン風味

©osteria-totto

<材料>

・スパゲッティ:180g
・竹の子:100g(水煮でもOK)
・アンチョビ:5本
・リコッタチーズ:30g
・ニンニク:1片
・レモン汁:少々
・レモンの皮:少々(みじん切り)
・イタリアンパセリ:適量(みじん切り)
・オリーブオイル:少々
・塩:少々

<つくりかた>

① ニンニクをオリーブオイルで色をつけ、細かく刻んだアンチョビ、スライスした竹の子を軽く炒めてパスタの茹で汁を70cc入れて軽く煮る。リコッタチーズとレモン汁を入れる。

② 茹でたスパゲッティをソースとからめて、仕上げにオリーブオイル、刻んだイタリアンパセリ、刻んだレモンの皮をのせて完成。

マッシュルームとパンチェッタと
リコッタチーズのペンネ

©osteria-totto

<材料>

・ペンネ:180g
・ブラウンマッシュルーム:約10個
・パンチェッタ:50g
・リコッタチーズ:50g
・玉ねぎ:中サイズ1/6個くらい
・ニンニク:1片
・パルミジャーノパウダー:10g
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:適量
・塩:少々

<つくりかた>

① にんにく1片をオリーブオイルで色つけし、玉ねぎのみじん切りを炒めて、スライスしたブラウンマッシュルームとカットしたパンチェッタをじっくり炒める。ペンネの茹で汁70ccを加えて軽く煮込み、リコッタチーズを入れる。

② 茹でたペンネをソースとからめ、パルミジャーノパウダーとみじん切りしたイタリアンパセリ、コショウを和えたらできあがり。

テイクアウト&デリバリー
自宅で楽しめるコースセットも!

現在、短縮営業を続ける「osteria-totto」ですが、テイクアウト&デリバリーメニューも充実!

自宅でトットのコースを楽しめる「Stay Home Set」をはじめ、「Boxメニュー」「単品パスタとアラカルトメニュー」など、デリバリーにも対応。(配送地域を確認ください)また、瓶詰めのオリジナルパスタソースはギフトとしても活用できそう。

おうちでトットを楽しんでみては?

©osteria-totto

「osteria-totto」

http://osteria-totto.jp/

 

Top image: © osteria-totto
人気店が教える「絶品レシピ」