懐かし〜い「あのナポリタン」に仕上げるコツ

手軽につくれておいしいナポリタン。無性に食べたくなるときってありますよね。トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。

その調味料が「醤油」

5966970969128960
© iStock.com/HandmadePictures

醤油のうま味や風味(もちろん塩気も)が加わると、トマトケチャップの持ち味を上手に引き立てつつも、より複雑な味わいに仕上げることができるんですよね。

チャーハンの仕上げにひとまわしするあの感じで、ナポリタンにも醤油。喫茶店で出てくるような、あの懐かしい昭和の味わいが生まれます。

以下は、オーソドックスなナポリタンのレシピです。もちろん、醤油入りでね。

材料:2人分

ウインナーソーセージ:5本
ピーマン:2個
タマネギ:1/2個
ニンニク:1かけ
スパゲッティ:180g
オリーブオイル:大さじ1
トマトケチャップ:100g
醤油:大さじ1
塩コショウ…適量
バター:10g

作り方

【1】ウインナーソーセージは5ミリ幅の斜め切り、ピーマンは細切り、タマネギは薄切り、ニンニクはみじん切りにする。

【2】鍋にたっぷりのお湯を沸かして1%の量の塩を入れ、スパゲッティを茹で時間より1分長く茹で、茹で上がったらザルに上げる。

【3】フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて中火で熱し、香りが立ったらウインナーソーセージ、ピーマン、タマネギを加え、タマネギが透き通るまで炒める。

【4】3にトマトケチャップを加え、色が濃くなるまで炒めたら醤油を加える。

【5】スパゲッティ、バターを加え、塩コショウで味を調えれば完成です。

Top image: © K321/Shutterstock.com
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「炭水化物×炭水化物」は反則だと思う。ラーメン&炒飯、そばめし、焼きそばパン...。この罪悪感と幸福感が入り混じったおいしさは、もちろん日本だけのものじゃ...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...