納豆を引き立ててくれる「醤油」ならコレ

気になるあの人たちを直撃。とっておきの「マイ・フェイバリット調味料」を教えてもらいました。毎日の食事のヒントやひらめきがきっと見つかるはず!

第3回は、D&DEPARTMENT相馬夕輝さん。

相馬夕輝

D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役社長、たべる部ディレクター。「ロングライフデザイン」をテーマに47都道府県にコミュニティを広げる。観光ガイドブック『d design travel』出版のほか、「d47食堂」のメニュー開発やD&DEPARTMENT各店の飲食事業を担当する。d47食堂では2月2日まで、新鮮なサケと酒がたのしめる「根室定食」が期間限定で登場。

イチオシはコレ!

©2019 NEW STANDARD

ヤマロク醤油 「鶴醤(つるびしお)」
500ml 1320円(税込)

二倍の原料と歳月をかけ、木桶でじっくり「再仕込み製法」によりコクとまろやかさを極限まで引き出した、小豆島「ヤマロク醤油」の代表作。

大豆食品との相性◎です

©2019 NEW STANDARD

「冷奴」も捨てがたいけど、いちばんは「納豆」ですね。納豆自体はシンプルな味なので、醤油は旨みの強いものを僕は選びます。そこへ行くと「鶴醤」は、旨みも強く、かといって塩辛すぎずバランスもいい。大豆そのものの味わいをきちんと引き出してくれます。

素材の味を壊してしまわないシンプルな使い方がオススメ。「チャーハン」の香り付けにもいいですよ。

仕事で作り手さんとお会いしたんですが、醤油仕込みのために木桶から自分たちで手作りしているんです。「昔ながらの木桶を用いた製法を守り続けないと、醤油の未来が途絶えてしまうから」と。

味もそうですが、そういう醤油業界全体のことを考えてつくっている人たちのことを応援したいなって思うようになりました。「うまい醤油って、こういうことなんだ!」そこを感じて欲しいですね。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
9月初旬、「キッコーマン」はその醤油にまつわる長年の知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」をスタート。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...