棚に眠るツナ缶で、今日のディナーは「絶品パスタ」

料理愛好家たちは、余りものがあると即座に「これを使って何がつくれるだろう……」と考えてしまうのがクセだと聞いたことがあります。「Food52」のNicholas Dayさんもその一人。

今回余ってしまったのは、ツナ缶。サンドイッチか?それともおかずか?
いいえ、彼女がつくったのはツナが主役のパスタディッシュ!

ただ余ったツナを絡めるだけじゃなく、ナッツを入れたり、パスタの種類を少し変えてみたり。このレシピから、お好みで多少アレンジしてもおいしくいただけるそうなので、冷蔵庫の中身をスッキリさせるのに使えるレシピかも。

余りものでパッとつくる
ツナ缶パスタ

6476771524345856
© 2014 James Ransom

今回は『The Zuni Cafe Cookbook』に載ったレシピを少しアレンジしてご紹介します。

考案者のジュディ・ロジャーズさんは、余ったツナの保存方法に困って、このレシピを思いついたのだとか。むずかしくはありませんし、そのおいしさに顔がほころぶはず。

ロジャーズさんのレシピはこの本に載っていますが、私は彼女のレシピを少しアレンジして、オリーブオイル漬けのツナの缶詰を使用しました。ロジャーズさんはパスタにペンネ、ツィーテ、そしてディタリーニをおすすめしていますが、私はペルチャテッリをチョイス。これでもおいしく仕上がります。

さらには、彼女が提案するクルミをパインナッツに置き換えてみましたよ。

材料:4人分

パスタ:455g

オリーブオイル:1/2カップ

レモンの皮(細切り):大さじ1

ベイリーフ:1枚

唐辛子フレーク:大さじ1/2(お好み)

黒こしょう:小さじ1/2(お好み)

ニンニク(細かく切る):2片

フェンネルシード:小さじ1/4

パインナッツ:1/4カップ

ケッパー:大さじ2

プレザーブドレモン(水でゆすぎ細かく切る):大さじ1(お好み)

オリーブオイル漬ツナ:340g(量は前後してもOK)

作り方

【1】大きなポットで塩を振った水を沸かす。

【2】小さなフライパンにオリーブオイルを垂らして、レモンの皮、ベイリーフ、唐辛子フレーク、黒こしょう(お好み)、ニンニク、フェンネルシードを入れる。15分ほど弱火で炒めて、具材の味を染み込ませる。そこにツナ、パインナッツ、ケッパー、そしてレモンの塩漬け(お好み)を入れる。ツナをやさしくバラつかせて、温める。炒めすぎないよう注意。

【3】水が沸騰してきたら、パスタをアルデンテに茹でる。よく水を切り、ボウルで先ほどのツナと混ぜたらできあがり。

4849011399852032
© 2014 James Ransom
Written byNicholas Day
Top photo: © 2014 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
あらためて「ツナ」と「シーチキン」の違いを尋ねられると、「どうなんだろう」とふと疑問に思ってしまいますよね。なかには、「同じような気がする」とか「あまり意...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...