「キモチ多め」までしっかり量れるパスタメジャー

ねね、スパゲッティの一人前ってどれくらい?

ある意味、パスタを茹でる前の通過儀礼ですよね、この会話。もう何も考えずにドバッと手にとって茹でた分を食べてしまうならば話は早い。でも、そこはソースの分量もある。

だからなのか、世の中にはパスタメジャーなるものが存在するわけですが、多くは人数(もしくは分量)に合わせて決められたサイズの穴あきタイプ。ここにぴったりハマればOKという、アレです。

ただね…、こう思うわけですよ。

「めんどくさくない?」

ざっくり通して後から絞る

いちいち穴のサイズに合わせてパスタをちょいちょい足したり、引いたりなんて面倒。その点コイツはざっくり手にとって、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。

カメラの絞りのように、空間を絞っていったところの目盛りが最適な分量になるわけだから、まあこちらも足し引きが必要といえば、たしかに必要。だけど、個人的にグッときたのは、“キモチ多め”にも対応してくれる点です。

2人前は大盛りすぎる、でもちょい多めにしたい!なんてとき、人数分のリングだと、結局そこからパスタを数本足し引きしなければいけない。1.5人前、2.5人前、3.5人前、このキモチ多め(ないしは少なめ)が、意外とないのです。

キッチン周りのかさばりを解消

ところで、一般的なパスタメジャーを思い出してみてください。人数分のグラムを量るのに、グリップから大小の穴を並べるわけだから、さほど大きくないにしても、どうしたって長さが気になるわけですよ。

その点ドーナツ状のこちらは、レバーの突起を加えても最大幅9センチのコンパクトさ。厚みは1センチに止めてくれているのもGOOD。キッチン周りって、どうしたってかさばりますからね。

そうそう、食洗機に入れてもOKなんです。これで1,512円(税込)なら優秀だと思うけどな。

キッチンに限らず、キャンピングツールとして決めうってしまう、という手も。比重の軽いポリプロピレンと耐衝撃性のあるABS樹脂製、すなわちタフで軽いっていうメリットは、むしろアウトドア向きとも言えます。

Joseph Joseph「スパゲッティメジャー」 の紹介でした。

Licensed material used with permission by Joseph Joseph K.K.
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
ボストン在住のあるネット民のつぶやきから、ツイートを二分するような論争を巻き起こしている「スパゲッティ問題」。もし、spagettiを1本だけフォークです...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
この4種類をデスクに常備しています。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...