ハイスペックすぎて「男心」がくすぐられるスマートメジャー

引っ越しや模様替えで避けては通れないのが「測定」。家具を買うために部屋の広さを測ったり、カーテンをつけるために窓の高さを確認したり。でも、いちいちメジャーで測るのはなかなかに大変。

そんな不便さを解決するために登場したのが、世界初の双方向レーザーメジャー「VH-80」。

ボタンを押すだけで
レーザーで簡単測定

このように、左右両端からレーザーを発射して、その信号がセンサーに戻るまでの時間から距離を導き出すそうです。

なんといっても画期的なところは「双方から」レーザーを発射できるという点。

今まで距離を計るには、人間が移動して測定する必要がありました。でも、これなら動く必要まったくナシ。光の速さで測れるわけです。

最大80mまで測定可能で、どのくらいかと言うとちょうどサッカーコートくらい。

便利すぎる「5つの機能」

驚きの機能のうちのひとつが、自動計算。デバイスから両端までの長さが表示されるので、中点を見つけるのに役立ちますね。

2つ目は、面積測定。縦と横の長さを連続して測定することで、迅速に計算できるそう。

3つ目は、体積測定です。家具を決めるときにとても便利。

4つ目は、ピタゴラスの定理モード。三角形の2辺を測定することで、もうひとつの辺の長さを間接的に測ることができます。測量などではおなじみの手法ですね。

たとえば壁の高さなど、レーザーを当てるのが難しい場所でも役立ちます。

最後の5つめが、アプリ。これを使えば、VH-80で長さを測った場所を写真に撮って記録することができます。引っ越しのプランを立てるのにもGOODです。

VH-80は「INDIEGOGO」で585ドル(約6万6,000円)から予約受付中。さすがに高価ですが、男子の心をくすぐることに間違いはない。

Licensed material used with permission by Magpie Tech
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
「Kickstarter」に登場した、世界一スマートなデジタルメジャー「Bagel」。まず、測定法が3つ。1つ目はストリング式と呼ばれる定番の巻尺、2つ目...
赤外線レーザーで距離を実測するアイテムはいくつかあれど、製造業や、土木・建築業で活躍する、いわゆる職人のツール止まり。というのも、そのほとんどが一直線に伸...
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
クラウドファンディングにて先行販売を開始したスマート耳かき「MieRu」は、本体にカメラが搭載されており、専用アプリを利用してWi-Fi経由で耳のなかを確...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
美容家電企業「HiMirror」が発売する『HiMirror Slide』は、スライド式のタブレットを備えた化粧鏡。タブレット画面を利用して、YouTub...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
現在「Kickstarter」で話題沸騰中の指輪型ワイヤレスマウス「Snowl」。韓国のベンチャー企業によるこのガジェットは、Bluetooth経由でパソ...
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
旅先や自宅でリラックスする時間などに使用できる「MovieMask」。解像度がVRの4倍もあるパノラマの世界が目の前に広がるらしい。眼鏡をかけたままでも、...
アメリカと台湾のクラウドファンディングにて合計1億4千万円以上の支援を得た、話題沸騰中のスマート翻訳機「ZERO」が日本初上陸。
Your browser does not support iframes.マイアミ・マーリンズに所属するイチローが、日本時間2015年10月5日に行われ...
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...