採寸できないモノはない。こういうメジャーの登場を待っていた!

赤外線レーザーで距離を実測するアイテムはいくつかあれど、製造業や、土木・建築業で活躍する、いわゆる職人のツール止まり。というのも、そのほとんどが一直線に伸びたレーザーが指し示す地点までの採寸がメインで、普段使いするには用途が狭すぎるんじゃないかと。

ところが、これはまったくの別モノ。家具選びからインテリアのレイアウト替え、果ては洋服のサイズでも、なんでも採寸したくなりますよ。

世界初、3D計測可能なレーザーペン

赤外線レーザーを投射し、ペンを動かして計測するメジャー「01(ゼロワン)」の本当のすごさを実感するのは、2枚目の写真。ちょっと見にくいですが、イームズシェルチェアの座面に沿ってペンを動かしていくと、その情報がそのままスマホ内のアプリに。

つまりこのゼロワン、直線だけでなく、曲がりくねったものであってもレーザーを走らせることで長さを計測することができるスグレモノ。従来のように計測ツールを置いた地点から、レーザーを飛ばし、そこまでの距離を測るタイプではなく、レーザーポインターのように動かすことで実測していく世界初の3D計測メジャーなのです。

家具選び、レイアウトにこそ!
気になるサイズをその場で計測

たとえば、自宅の壁面に複数のフレームを水平に並べたい。こんなとき、これまでならばメジャーをピーンと伸ばして採寸して、等間隔にポイントをつけて…なんて具合に、ひとりだと意外と面倒。せいぜい1mもメジャーを引き出せば、たいていは「パキン」、とね。

では、ゼロワンはどうか。スーッと壁をなぞるだけ。

計りたいものが
常に直線とは限らない

日本の家庭だとこのケースはあまりないかもしれませんが、階段の踏み面から蹴込みに合わせてスーッとなぞることで、張替えに必要な絨毯の長さを知ることができたりも。

こうやって家の中でも、ふらっと立ち寄ったインテリアショップでも、知りたい長さや気になる家具をサッとなぞって、計測して、スマホに寸法を取り込んでおけば、サイズで迷うこともなくなりそうです。

そうそう、洋服の採寸にも活躍できますよね。

結局、長さを知りたい身の回りのモノたちが必ずしも直線とは限らない訳で、そんなニーズに対応してくれるメジャーがこれまで衣類用(それだってせいぜい2m弱)くらいしかなかったことが意外だし、これ1つでまかなえていたことだって、考えてみれば不思議なこと。

もっと日常的でスマートにメジャーを持ち歩く、そんな時代がくるかも。

アルミニウム製のボディに合わせるペン先はボールペン、ペンシル(シャープペンシル)、スタイラスペン、もしくはキーホルダーとして持ち運べる(ToGo)の4種から選択可能。

クラウドファウンディングで資金調達にも成功、発売は200ドル(約2万3,000円)を予定しているようで(早期割は50ドルOFF)、日本への輸送もしてくれるみたいです。いつか巻尺もこういったメジャーに取って代わる日がやって来るはずですが、待ちきれない人はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by InstruMMents
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
引っ越しや模様替えで避けては通れないのが「測定」。家具を買うために部屋の広さを測ったり、カーテンをつけるために窓の高さを確認したり。でも、いちいちメジャー...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...