ないはずの「窓」から漏れる陽の光

どんより曇った日や雨の日が続くとなんだか気が滅入ってくるものですが、せっかく気持ち良く晴れた日だって、外に出られなければ意味がありません。たとえば仕事で日中ずっと屋内にいて、まともに陽の光を浴びていない……なんて人も多かったり。

そんなカンヅメさんの心に響きそうなブラインドのご紹介。

ないはずの「窓」が、そこに

© 2018 Julien Renault
© 2018 Julien Renault

壁にくっつけて使うこの「Venise」、言われなきゃわかりませんが照明なんです。スタイルからもお気づきのとおり、ブライドから着想を得てつくられたもの。壁にかけるだけで、ないはずの窓がそこに現れたようでしょ?

本来ならば、陽の光を遮るのがブラインドの目的。それを逆手にとり光を生むなんて、ちょっとシャレが利いてるじゃありませんか。

© 2018 Julien Renault
© 2018 Julien Renault

「ぱっ」
明かりをつければ、ブラインドの隙間から、陽の光が差し込んでくるみたい。部屋を照らすほどの明るさはありませんが、どうでしょう。ほんのちょっとでも気持ちをあったかくしてくれるんじゃないでしょうか。

都会で生活していると、どうしても窓から差し込む光が十分でなかったりしますよね。“せめてもの”なんだろうけど、こういう感覚、分からなくないんだよなあ。

Top Photo by 2018 Julien Renault
Licensed material used with permission by PaulinePlusLuis
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。