ないはずの「窓」から漏れる陽の光

どんより曇った日や雨の日が続くとなんだか気が滅入ってくるものですが、せっかく気持ち良く晴れた日だって、外に出られなければ意味がありません。たとえば仕事で日中ずっと屋内にいて、まともに陽の光を浴びていない……なんて人も多かったり。

そんなカンヅメさんの心に響きそうなブラインドのご紹介。

ないはずの「窓」が、そこに

© 2018 Julien Renault
© 2018 Julien Renault

壁にくっつけて使うこの「Venise」、言われなきゃわかりませんが照明なんです。スタイルからもお気づきのとおり、ブライドから着想を得てつくられたもの。壁にかけるだけで、ないはずの窓がそこに現れたようでしょ?

本来ならば、陽の光を遮るのがブラインドの目的。それを逆手にとり光を生むなんて、ちょっとシャレが利いてるじゃありませんか。

© 2018 Julien Renault
© 2018 Julien Renault

「ぱっ」
明かりをつければ、ブラインドの隙間から、陽の光が差し込んでくるみたい。部屋を照らすほどの明るさはありませんが、どうでしょう。ほんのちょっとでも気持ちをあったかくしてくれるんじゃないでしょうか。

都会で生活していると、どうしても窓から差し込む光が十分でなかったりしますよね。“せめてもの”なんだろうけど、こういう感覚、分からなくないんだよなあ。

Top Photo by 2018 Julien Renault
Licensed material used with permission by PaulinePlusLuis

関連する記事

「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...