「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

とんでもない掛け時計がフランスで誕生しました。毛というか、繊維の分け目であなたに時刻を知らせてくれます。実際にどのように動いて時を刻むのかは、最後の動画で確認を。それまでちょっとだけお付き合いください。

ちょっとホラーな「毛時計」

フランス生まれのBINA BAITEL氏がデザインした「LASH CLOCK」。針や数字の代わりに配されているのは「毛」。分け目が微妙に広いところが2箇所ありますよね?ここで時刻を表現しているのです。

えっ、正確な時間が知りたい?それはもうスマホでお願いします。

こんな感じ。

それぞれ、左上から時計まわりに、3時、10時10分、21時30分、8時15分。

AM/PMの判断?窓の外の雰囲気でよろしく。

どうやら、金髪バージョンもあり。

明るいときは大丈夫だけど、夜中に目が覚めて見てしまったらちょっとホラーな気も。

それにしても、時計にもかかわらずアバウトな時刻しか知れないのは、かえって潔くて気持ちいい。時間にキチキチと縛られないでほしいというデザイナーからのメッセージなのかもしれません。

では、気になる“毛の動き”を動画でどうぞ。あれ、なんだかちょっとだけ癒される?

Licensed material used with permission by BINA BAITEL STUDIO
他の記事を見る
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「いやいや、普通に時刻を教えてよ!」と思わず言ってしまいそう、というか言ってしまった。従来の時計の役割は、もはや後回し。むしろ「教材」のような印象が強いA...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...