このキラメキ……本当に時計?

忙しくなると、陽の光を感じることが減ってくる気がする。朝バタバタと仕事に行ったら、そのままほとんど室内で過ごして、日が暮れてから帰る。頭上を弧を描いて滑ってゆく金色の太陽のことなんてすっかり頭から抜けている。

せっかく春めいてきたのに、勿体無くない?

傾いてゆく日に
想いを馳せて

6516921583271936
Photo by Syuhei Nomachi

デザイナーの林篤弘さんによる「Undial」はそんな太陽光の美しさを、毎日の何気ない瞬間に思い出させてくれるツール。

日光が円柱レンズを通り、時刻をテーブルに映し出す日時計だ。

上の画像、影に注目。デスクの上に映し出される数字が「noon(12時)→one(1時)→two(2時)」と移ろってゆくのがわかる。

4909952724369408
Photo by Syuhei Nomachi

正真正銘「日」時計なので夜間や雨、曇りの日は使えない。設置する窓辺の方角によっては、影になって時刻が読めない時間帯もあるかも。

でも、1日のうちのほんの少しでも太陽が映し出す時刻を読み取る事で、太陽の存在や天体の動きを実感し、自然の営みを感じ取ることができる。電池もいらず、音もなく、ただ暖かな光が、見ていてもわからないほどに静かにうつる時間を記してゆく。

製品は透明アクリル製のノーモン(Gnomon : 日時計の指針)と金属製のベースからなり、ベースは真鍮タイプとステンレスタイプそれぞれにツヤ加工とマット加工の計4タイプあります。

6623886804254720
Photo by Syuhei Nomachi

地球のあちこちに
対応したい

4990287805939712
Photo by Syuhei Nomachi

丸い地球の上だもの、地域によって太陽光との角度も違うから、日時計も同じ角度じゃいられない。特に縦長の国土が特徴の日本では…。

ということで、こんな気配りまで。

5960640774537216
Photo by Syuhei Nomachi

製品は対応する地域(緯度)違いで5種類の角度バリエーションがあります。

Type 25(北緯20~30度):日本(沖縄)、エジプト、サウジアラビア、メキシコなど

Type 35(北緯30~40度):日本(本島)、スペイン、イタリア、中国(中部)など

Type 45(北緯40~50度):日本(北海道)、フランス、ウクライナ、アメリカ(北部)など

Type 55(北緯50~60度):イギリス、ドイツ、ロシア(南部)、カナダ(南部)など

Type 65(北緯60~70度):ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア(中部)など

※現時点では北半球用のみの販売となります。

(に、日本だけで3種類!)

価格は税込4,320円。自宅に置く用にも、ちょっと珍しいプレゼントにもオススメです。

Top photo bySyuhei Nomachi
Licensed material used with permission by 林 篤弘
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
春夏に向けて、ちょい派手な時計が欲しかったので2本購入。選んだのはレッド&ホワイトとイエロー&ブラックのモデル。前者は完全にファミコンカラーだと思ってる。
「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の...