殺風景な壁には、あたたかい「刺繍ランドスケープ」をどうぞ。

部屋の壁に何か飾ると、一気に空間に味が出る。特に美しいもの、気に入ったものを飾っておけば、目にするたびに心が安らぐし。

そんなわけで今回紹介するのは、特に癒されそうな温かみのある「刺繍の風景画」。

アメリカのアーティストCarolinaさんは、手作業の刺繍で「どこかの風景」を描き出しています。部屋に飾れるスタイルにも注目。

繊細、どこかノスタルジック。

鮮やかで、細部まで細かに表現されている。何時間でも見ていられそう。

部屋に飾るとこんな感じ。

もちろん、小さめサイズも。

裏面。手作りの味わい。

なんと、ポチッと買えるんだと。

一部の作品は、このサイトで購入可能(しかも日本円表記!で、2,444円から!)

レビュー曰く

「写真や絵より良い!」

「とてもよくできている。注文してよかった!」

とのこと。ぜひぜひチェックして!

Licensed material used with permission by Carolina Torres
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。