どう思うのも「自由」

 

質問です。
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?

 

 

Sally Hewettは、フランスで活動するアーティスト。乳がんの影響で片方だけになった祖母の乳房にインスピレーションを受けて、病気や手術で変化したからだをモチーフに刺繍作品をつくりはじめました。

 

からだは人生の記録だと思うの。手術もそうだし、加齢とか、病気とか、出産とか、そういうので変わっていくでしょ?もちろん、エクササイズでも変わるわよね。ずっと同じ状態ではいられない。どんどん更新されていく。だから、わたしにとっては、どんなからだも尊いのよ。

わたしの作品が、みた人が自分の美の価値観について考えるきっかけになるとうれしいわ。

 

 

正直、わたしはSallyのように「どんなからだも尊い」と心から思うことはできません。じっさいに片方の乳房がない人を前にしたら、びっくりしてしまって、何も言葉が出てこないかもしれません。

でも、それが必ずしもいけないことではないと思うんです。この世に存在するすべてのものには、いろんな捉え方があるから。価値観は、人それぞれ違うから。ただ、自分の価値観を誰かに押し付けちゃいけないし、相手の価値観を否定しちゃいけないよなあ、なんて。

 

Licensed material used with permission by Sally Hewett
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
時間に余裕がある朝は、あまーいフレンチトーストと淹れたてコーヒーで優雅な朝食。お昼は友だちとカフェでおしゃべりして、夜はお家で映画パーティー。イラストレー...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
こんな晴れた日に、思い出すのは。
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...