くるくる、カクカク。部屋に合わせて自由に遊べるランプ

写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。

この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんです。

構造自体も
本物のロープを参考に

168ba675531a52ac4b6dfdc1b21da4db92790657

内部には銅製の芯が仕込んであり、どんな形でもしっかり保持してくれます。その周辺を「らせん状」に取り巻いているのが、電気を送る配線。

じつはこれ、中心を通る心綱と周囲のストランドからなる、本物のロープと同じ構造なんです。

75d16955b5bc052a8d2982a91b3c89f0a2f06814

あらゆる場所で
あらゆる形で

357407a0f270355d4816c1aef4cd0e4d6ba802a2Aa7bd02ecffc305530f70b6bc31db8a07cc48e7cB44c560ac47caa9ab810a0f3e499e603d8f7e0ce

机の上に置いても、床に立てても、ベッドサイドに絡ませても、天井からぶら下げてもOKです。どうしても動かせないものがあればそこだけ迂回させることもできるし、インテリアの遊び心として、あえて遠回りをさせる、という楽しみ方もあります。

ところで、何色があるの?
サイズは?

505246bdc5a2a500e19dbea2b52e0407a4a5fc48

一見おふざけアイテムにも見える「Fauna Lamp」ですが、イタリアのデザインファーム「MID Studio」が手がけた渾身の逸品。

カラーは赤・緑・黒の3色展開で、2m30cmのSサイズは170ユーロ(約20,000円)、4m30cmのXLサイズは250ユーロ(約30,000円)となっています。イマジネーション次第でいろいろな使い方ができそうなこのライト。お部屋のアクセントに、おひとついかが?

Licensed material used with permission by Manifattura Italiana Design
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。